初のアマダイ釣行で40cm頭に本命6尾 良型トラフグも登場【神奈川】

初のアマダイ釣行で40cm頭に本命6尾 良型トラフグも登場【神奈川】

釣友にもらったアマダイの味が忘れられず「今度は自分で」と12月末に初釣行した。当日は、40cmアマダイ頭に、本命6尾、その他多彩な魚種が楽しめ、ゲストに良型トラフグも顔を見せた。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大型アマダイ狙いで剣崎より出船

7時に東京湾剣崎松輪から出船、航程15分ほどでポイント着。同沖は型がよく、連日50cmオーバーが釣れているので、数ではなく良型1尾を目標に設定する。

水深は90m。北西風がやや強く波は高い。底から50cm~1mにタナを設定しようとするが、ウネリが高くてうまくいかない。また、トラギスやキダイなどのゲストがひん繁に食ってくる。

30cmクラスの本命アマダイ登場

揺れやゲストと格闘を続けて1時間、話に聞いていた激しいアタリがようやく訪れる。ゆっくり巻き上げる途中、マダイのような三段引きが来てはフッと軽くなる。その本命特有の反応にアマダイへの期待が高まる。上がってきたのは30cmほどではあるが、とても嬉しい1尾。オデコがなくなりホッとする。

サイズアップに期待して釣り続ける。

まさかの大型トラフグが登場

9時ごろ、ほかの人にサバが掛かり始めると、私の仕掛けが30mから落ちていかないので「これはサバが食い上げたに違いない」と巻き上げる。

やや強引に上げてくると、なんと顔を出したのはトラフグ。タモですくってもらったのは1.6kgの良型だ。歯はかなり鋭かったが、うまく上アゴにハリが掛かっていたため、ハリスが切れずに取り込むことができた。

初のアマダイ釣行で40cm頭に本命6尾 良型トラフグも登場【神奈川】良型のトラフグがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘)

その後も船内ではオニカサゴや、カイワリなどがゲストで上がっており、バラエティに富んだ魚種が楽しめた。

最終釣果

水深110mのポイントに移動すると、なんと20~30cmを3尾連釣。13時すぎにはこの日一番のアタリで40cm。

釣果は25~40cm6尾。初挑戦にしては上出来。次回は50cm級を狙いたい。

<週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
東京湾剣崎松輪
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。