仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】

12月14日(土)、釣友の阿部夫妻に誘われて、東京湾羽田の船宿へ。林良一さんと矢内さんの声掛けによって19人が集まり、カワハギとヒガンフグのリレーを楽しんだ。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

竹岡沖のポイントに

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】参加者で記念撮影(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

今回は林さんの友人の鈴木さんがカメラマンになり、みんなの釣行を撮影して記念のDVDを作成してくれるという面白い企画だ。

7時15分に出船。仕立なので、とても和やかな雰囲気。クルージング中に宴会が開始される。多摩川を下り、快晴ベタナギの海を走って竹岡沖のポイントに到着。

カワハギとヒガンフグのリレー釣行スタートだ。

釣り教室で習ったことを実践

8時25分、水深31mでスタート。私は、林さんの釣り教室で習ったことを実践。

1.着底後に1mほど底を切る
2.金色のオモリを躍らせて周辺の魚を集める
3.中オモリをフワフワ動かし、魚の食い気を高める
4.ピタ止めして様子をみる。

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】松永さんはダブル(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

すると、すぐにカンカンカンという本命らしいアタリが訪れ、早々に船中1尾目の良型をゲット。廣瀬さんや、柳澤さん、松永さん、村田さんも本命を手にして好調なスタート。大石さんと嵯城さんは良型のホウボウを同時に釣り上げ、嬉しいゲストににっこり。

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】大内さんに美白カワハギ(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

船中全員がカワハギをキャッチ

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】村田さんが良型ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

船中全員がカワハギをキャッチ。阿部夫妻も仲よく本命を釣り続けている。いつもは夫婦対決で圧勝している村田さんが2尾と苦戦している中、尚應さんは投げて誘う釣りで10尾を釣り、夫婦対決の勝利だけではなく全体のトップになり大喜びだ。松永さんも負けじとダブルを披露し、8尾釣って次頭。

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】村田尚應さんも負けじと良型ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

後半はヒガンフグ狙い

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】36cmのヒガンフグ(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

後半は、本牧沖に移動しヒガンフグ釣りにリレー。こちらもポツポツと本命は上がり、嵯城さんや廣瀬さんが連釣。

神保一重さんは36cmの自己記録更新魚を手にして満面の笑みを浮かべる。最後までポツポツとアタリがでて、15時に皆、大満足で沖上がり。

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】嵯城さんは連発させていた(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

そして、最後はこの日のサプライズ企画。記念撮影の後、先日のDKOで見事優勝に返り咲いた林さんに皆でクラッカーを鳴らし、花束と記念品の贈呈。林さんの目には嬉し涙。こうして、二つの企画は大成功に終わり、本当に楽しいイベントだった。

やっと水温が下がり、竹岡沖にはカワハギが集結中。ヒガンフグも安定して釣れているようなので、初釣りにお勧めだ。

仕立てのリレー船で仲間と楽しむカワハギ&ヒガンフグ釣り【竹岡沖】DKOで優勝した林さんに花束と記念品の贈呈(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

<週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。