シロアマダイ&アジリレー親子釣行 娘に40cm超えアジヒット【焼津】

シロアマダイ&アジリレー親子釣行 娘に40cm超えアジヒット【焼津】

12月半ば、娘と一緒に焼津港の午後便でシラカワ(シロアマダイ)とアジを狙ってダブルヘッダーで釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

シロアマダイ狙いからスタート

まずはシロアマダイ。午後2時に港に集合した釣り人は8人。クジ引きを行い、左舷の1番に娘の希海、2番に私が釣り座を取った。

軟らかめのサオに電動リールをセットする。片テンビンに120号のオモリと水中ライトを垂らす。ハリス5号3m、チモトに夜光玉を2個入れ、ハリは丸セイゴ15号を3本結ぶ(娘は2本)。エサはオキアミ。

用意ができて出港となった。波しぶきをかぶるので船内に退避。30分ほどでポイントの焼津沖に到着し、早速エサを付けて投入する。

水深70m前後を攻める。オモリが底に着くが、ミチイトは10mほど余分に出る。何度かタナを取り直し、船の揺れでサオ先が下がった時にオモリが底から1mほどのタナになるように合わせる。そうすれば船の揺れで1mほどの誘いになる。

良型イトヨリがヒット

船が落ち着いてタナが合うとアタリがきた。アワセを入れて巻き上げるとイトヨリだ。娘もタナが合うとサオ先が突っ込んだ。荒れていてもはっきり分かるアタリだ。まさかいきなりシラカワかと、タモを構えて隣で待つ。上がってきたのは40cm級のイトヨリだった。

その後もイトヨリが釣れ、たまに少しいいキダイが交じる。小物のアタリ?(荒れていてアタリが分からない)が多く、毎回エサはなくなった。

そして2人でイトヨリ7匹とキダイ3匹(リリース含まず)を釣り、午後5時30分に前半の釣りを終了した。

シロアマダイ&アジリレー親子釣行 娘に40cm超えアジヒット【焼津】娘にイトヨリがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

後半戦はアジ狙いで

港に戻り、娘と夕飯のおにぎりを食べて2回戦に臨む。釣り人4人が入れ替わり(左舷の4人はそのまま続投)。午後6時30分に出港となった。

タックルは同じで、水中ライトを外してコマセカゴを付ける。50cmのクッションゴムを入れ、ハリス4号4.5m、チモトに小さい夜光玉を入れ、丸セイゴバリ15号を2本結んだ(娘も同じ)。エサはオキアミだ。

早々に30cm超えアジ

同じ焼津沖だが少し手前のポイントで、15分ほどで到着した。先ほどより少しナギはいい。だが風は強い。コマセカゴに半分だけコマセを入れ、コマセも出ないようにギリギリまで締める。あまり出し過ぎるとコマセと一緒にアジが付いてきてしまうので、サバが寄ってオマツリの原因になるからだ。

そして、タナ45mで釣り開始となる。タナより3m深く落とし、サオを振ってコマセを出してからタナに合わせる。

しばらくするとアタリがきた。サオ先が突っ込み、電動のスイッチを入れて中速でゆっくりと巻き上げる。すぐに娘のサオも突っ込み、同じようにゆっくり巻き上げるように言う。一気に抜き上げると30cmほどの良いアジだ。娘も同型のアジが釣れた。

サイズアップで40cm超えアジ

みんなのコマセが効いたのか、ここから入れ食いになった。こうなるとコマセカゴにはコマセを詰めない。だが、今度はいろいろな人とオマツリするようになった。解いている間にも周りは釣れている。娘ともオマツリ、親子で共倒れしそうだ。

仕掛けを切って3mの1本バリにすると、手返しが良くなりトラブルに強くなった。潮が悪くて暗いのでトラブルはつきものだ。いかに早く解消するかがカギとなる。この作戦が的中して、2人で入れ食いになった。

午後8時を過ぎて食いが落ち着いてくると、娘は眠くなったのかウトウトしてバラシが多くなった。だが一際良い引き込みがきた。

これには娘も驚いたのかすぐに反応。もしやと思いタモを持って待っていると、40cmオーバーのアジ。これで目が覚め、最後まで張り切って釣っていた。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。