東京湾カットウ釣りで33cmヒガンフグ 好ゲストはマダコ【忠彦丸】

東京湾カットウ釣りで33cmヒガンフグ 好ゲストはマダコ【忠彦丸】

12月21日、会社の釣り仲間と東京湾金沢八景の忠彦丸から午前フグで釣行した。釣行後に鍋をする計画なので半日船があるのは嬉しい。ウイリー五目のグループと別れて釣行したが、あちらはイナダを3~6尾仕留めたようだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース関東版 神奈川・竹田和弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ファーストヒットは好ゲストのマダコ

フグ船の左舷胴の間に座って7時半に出船。北風が強かったので風裏になる沖堤防の内側でスタート。水深は10mだ。

用意したオモリ10号の自作のカットウ仕掛けを投入。着底させたら3~5秒待って、20cmほど上げる。反応がなければ再度、着底させて同じ誘いを繰り返す。

2流し目、ズッシリの重い感触。巻き上げてくると定番ゲストのマダコ。1kgほどあり、翌日はタコ焼きパーティーに決定だ。

その後、アタリはなくポイント移動が続く。

東京湾カットウ釣りで33cmヒガンフグ 好ゲストはマダコ【忠彦丸】外道のタコ(提供:週間つりニュース関東版 神奈川・竹田和弘)

岸壁際で33cmヒガンフグ登場

1時間ほどすぎたころ、岸壁際のポイントでコツッとアタリ。即アワせると手応えあり。隣の同僚も同じタイミングで掛けているが、私の魚が走ってしまいそちらのミチイトとオマツリ。焦りながらほどいてリールを巻くと、やがて上がってきたのは、この日最大となる33cmのヒガンフグだ。

東京湾カットウ釣りで33cmヒガンフグ 好ゲストはマダコ【忠彦丸】33cmのヒガンフグをゲット(提供:週間つりニュース関東版 神奈川・竹田和弘)

同僚もショウサイフグゲット

同僚は前回11月のフグ釣りで屈辱のオデコ。今回はリベンジを誓っての釣行で、待望のフグ(ショウサイ)を取り込む。

東京湾カットウ釣りで33cmヒガンフグ 好ゲストはマダコ【忠彦丸】ショウサイフグにはじける笑顔(提供:週間つりニュース関東版 神奈川・竹田和弘)

その後、風裏のポイントを何カ所か周り、それぞれの場所でポツポツと拾っていく。

10時半、最後のポイントでは、この日一番の盛り上がり。仕掛けを投入してすぐにアタリ。アワせるとずっしりの重量感があり、上がってきたのは30cmほどのヒガン。しかし、近くにタモ入れを頼めそうな人はおらず、強引に抜き上げようとしてバラしてしまった。

湾フグ最終釣果

「ある程度のサイズには必ずタモを使わなくては」の教訓を刻んで納竿。釣果はヒガンフグ4尾とマダコ。同僚はショウサイフグだった。竿頭は、左舷ミヨシで6尾。

湾フグはテクニカルで楽しい。年明けの新年初釣行もこれで楽しみたいと思っている。

<週刊つりニュース関東版 神奈川・竹田和弘 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について:忠彦丸
東京湾カットウ釣りで33cmヒガンフグ 好ゲストはマダコ【忠彦丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。