名古屋港ボートゲームでヒラメにマゴチにサワラが乱舞!【愛知県】

名古屋港ボートゲームでヒラメにマゴチにサワラが乱舞!【愛知県】

12月19日、愛知県・飛島村の筏川から出船し、名古屋港のボートゲームを楽しんだ。午前のターゲットはヒラメ&マゴチ、午後の部はサワラキャスティングゲームだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

名古屋港フラットゲーム

まずは午前の部。ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュが名古屋港で釣れるの?と思われるかもしれないが、タックルの進化によって至って簡単なセッティングで釣れてくれるターゲットになってきている。

ルアーはビスケイミノー12cm30gジグヘッドタイプとビスケイシャッド19gオフセットタイプを用意。

水深の深いブレイクでのリトリーブではジグヘッドタイプのビスケイミノー、根掛かりが多い所ではすり抜けがいいオフセットタイプのビスケイシャッドで狙う。

ビスケイミノーで良型マゴチ

水深5m前後の砂地のフラットポイントにエントリーし、ビスケイミノー12cmをフルキャストしてボトムを取る。ボトムに着いたらリトリーブで1mほど浮かせ、もう一度フォールさせボトムを取りリトリーブの繰り返し。するとファーストヒット。40cm台中盤のマゴチだ。

名古屋港ボートゲームでヒラメにマゴチにサワラが乱舞!【愛知県】マゴチ手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

次投でも50cm近いマゴチが連続ヒット。マゴチの口からは12cmほどのマイワシが出てきた。ビスケイミノー12cmとマッチザベイト。こういう情報から、確信をもって狙い続けられる。

ボトムすれすれでヒラメ連発

ここでビスケイミノーにブレードを装着して、ボトムすれすれのリトリーブで狙ってみる。すると数投目でバイトがあり、またまたマゴチ。次のヒットは少しだけ重量感がある。水面に浮いたのは本命のヒラメだ。50cm近い本命に思わずガッツポーズ。

再度ボートを付け直してキャストを続けると、またもやバイト。ボトムすれすれのリトリーブで、少しスピードを変えた瞬間にヒットしたのは本命のヒラメ。そして同船者にもヒラメがヒット。ヒラメの連発だ。

名古屋港ボートゲームでヒラメにマゴチにサワラが乱舞!【愛知県】グッドサイズのヒラメをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

この後マゴチを数匹追加して大橋さんが到着との電話が入った。一度桟橋に戻り、後半戦のサワラキャスティングに向かう。

次のページでサワララッシュ