御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】

11月1日、静岡県の御前崎沖へカンパチを狙って釣行した。乗船したのは静岡県御前崎港の波丸。タイラバをメインにジギングも楽しめる船だ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

御前崎沖の直近の状況

釣行当日は、午前6時すぎに出船したが、風波が激しく、本命ポイントまで行けそうにないとのこと。

数日前には、11kgのカンパチが、前々日には8kgがキャッチされ、マダイも80cmオーバーが出ていて、期待を膨らませていたのだが。それでも予備のポイントはたくさんあるとのことで、気落ちせずに釣りに臨むことにした。

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】定員8人のドテラ流しで広々と楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

ファーストヒットはタイラバでマハタ

午前7時、各自一斉にタイラバやジグを投入する。当日はタイラバメインのお客がほとんどで、ジグオンリーは私だけだったが、同船は広大なポイントを横断するように流すので、地形次第で様々な魚が釣れる。アングラー側がどんな方法で何を釣りたいか選べばいいのだ。

ひと流し目、開始早々トモでサオが曲がる。ファーストヒットはタイラバの水野さん。食べごろサイズのマハタだ。

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】船中ファーストヒットは水野さんのマハタ(提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

続いて、萩原さんにもヒット。上がったのは45cmほどのシオだ。タイラバ組は好調で、このあともマダイや根魚を着々と追加していった。

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】萩原さんはマダイを連発(提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

ライトジギングで80cm級カンパチ!

カンパチ狙いの私は、スロージギングで攻めていたが、伊村船長の進言で、タックルをライトジギング用に変更。

船長の話では、速い潮流と強風が重なって、ジグが船に引かれる状態のときは、軟らかいロッドを使って、上げのジャーク時はジグが跳ねすぎないようにし、下げのジャーク時にジグをフォールで泳がせて誘う方が食うとのことだ。

タイラバでは引き続きマダイが上がっており、「せっかくならマダイも」と、ジグをTGベイトに変更。スイミングさせるジャークに変えると、すぐに返事が返ってきた。

圧し掛かるようなヒット。少し寄せたところで、激しく首を振る感触。青物のようだ。

しばらく従順な相手だったが、数m浮かせたところで、猛烈に走りだす。思ったよりサイズが良さそうだ。相手はワラサ(根に行かない)と思ったのと、リーダーが5号と細かったので、ここは魚を刺激せずに、徐々に寄せることにしたが、結果的にはこれが良い方向に転んだ。

巻いては走らせを何度かやり、相手が疲れたところで、指ドラグを効かせながら浮かせていく。

やがて海面に現れたのは、なんと本命のカンパチ。サイズも80cm近い。下手にカンパチとわかっていたら、底から強引に離そうとして刺激してしまい、根ズレでやられていたかもしれない。

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】 4.5kg良型のカンパチ(提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

ポイント移動後も良型連発

その後、荒れてきたので駿河湾側のポイントに移動となったが、ポイント豊富で魚も多い御前崎、タイラバ組はコンスタントにマダイをゲットし、良型も交じった。

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】大内さんもタイバラでマダイを手中に(提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

また、私の方もホウキハタとマハタのツインヒットがあったり、イサキやシイラ、シオなどいろんな魚がロッドを曲げ、楽しませてくれた。

御前崎沖ジギング&タイラバで80cm超えカンパチを手中【波丸】ホウキハタとマハタのツインヒット(提供:週刊つりニュース中部版 名古屋市・中畑雅明)

次のページで今後の展望を紹介