落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】

落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】

10月末、福岡県宗像市・神湊港から案内している大島の遊漁船・明石丸を利用して、玄界灘の落とし込み釣りに出かけた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況とタックル

メンバーは小野田さん、大仁田さん、梶原さんと私の4人だ。今回、梶原さんは2年ぶりの参加で、少々緊張気味に思えた。

午前5時、乗船者8人で出港。海上の波は1.5m弱で、落とし込み釣りにはまずまずといった感じ。6時20分すぎに最初のエリア、水深65~68mラインに到着した。

釣座はくじ引きで、私たちは右舷側だった。船首から大仁田さん、梶原さん、小野田さん、船尾に私と決まった。

早速、釣座にて仕掛けをセット。早朝時はハリス、リーダーともに16号で、ベイト(アジ、イワシの小魚)の付き具合で12~14号までを使い分ける。

落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

ベイトは付くもアタリは無し

6時30分に釣り開始の警笛が鳴った。オモリ100号を1m先に落とし込むと、ラインがスルスルとリールから出ていく。すると、水深45mでゴツゴツと小気味いい反応がでてサオ先をたたく。そのまま底まで落とすもアタリがなく、早々に次のエリアに移動。

2~3か所目も水深68mと変わり映えしないが、仕掛けを入れればすぐにベイトが付く。しかし、本命の青物の反応は1回もなかった。ほかのメンバーも同様で、船の移動も5~15分と長めに繰り返すも、アタリは皆無だった。

8時すぎで私がアコウ30cm級1尾、アジ25cm級5尾だった。

落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】なかなか姿を見せない青物(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

マダイに青物がついに登場

時間の過ぎるのは早く、気が付くと9時だった。あきらめずに数回仕掛けの上げ下げを繰り返すと、底の方でベイトが付いた。

同時に、いきなりサオ先が海中に突き刺さった。船長が気付いて、海面に浮き上がったピンク色のマダイを手際よく大網ですくい上げた。

落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】ヤズやヒラマサなどの青物もヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

その後、食い渋る中で小野田さんがイトヨリダイ40cmとヤズ3kg級を2尾キープ。私も何とかヒラマサとヤズ3kg級を追加できた。大仁田さんと梶原さんも、苦戦しながらもヒラマサとヤズを手中に収め、全員ヒットでひと安心だった。

落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】ヤズを手中に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

メーター級ヒラマサも

そして、最後の締めは左舷胴の間で同船者が大マサ100cm・7kg級を見事に釣り上げて、今回の釣りを終了した。

落とし込みで良型マダイにメーター級ヒラマサ 青物全員ヒット【明石丸】大マサがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一)

<週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
明石丸
出船場所:神湊港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。