陸っぱりカゴ釣りで6kg超えの大型含みタバメ3尾キャッチ【上甑島】

陸っぱりカゴ釣りで6kg超えの大型含みタバメ3尾キャッチ【上甑島】

鹿児島県薩摩川内市の上甑島上甑島・里では、依然としてタバメ(タマン、ハマフエフキ)の食いが活発だ。夜釣りでの実績が高いターゲットだけに、朝からサオを出す場合は夜明け前が勝負となる。10月後半に行ったカゴ釣りの模様をレポート。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

上甑島でタバメ狙いのカゴ釣り

陸っぱりカゴ釣りで6kg超えの大型含みタバメ3尾キャッチ【上甑島】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

午前5時前に現地へ着いた。磯には渡らず、港から釣る計画だ。前回の釣行で5~6kg級を上げた外波止に釣座を構え、すぐにカゴ釣りの準備に取りかかった。

ウキはトップにケミホタルが付けられる遠投カゴサビキ、ハリはタバメの大きなアゴをとらえるカット真鯛をチョイス。まきエサ、つけエサともにオキアミボイルとキビナゴを用意した。

6kg超えのタバメを手中に

まずはサオ1本半のタナを探ったが、1投目からつけエサが取られる。手数を増やしても歯が立たないので、港内の水深5mほどの浅場へ移動し、2ヒロ半の浅ダナを狙い打ち。するとウキが勢いよく沈み、ドカンと手元に魚信が伝わってきた。

腰を落としてサオを立てるが、魚はグイグイ沖へ走る。リールを力強く巻き、底から少し浮かせたものの、それでも真下に突っ込む。体重を後ろにかけながら強引に取り込んだのは、6kgを超える大型のタバメだった。

その後は魚信がなく、空が白み始めた。手返しを急ぐうちにウキが横走り。これはさほど手応えがなく、一気に抜き上げると1kg級のタバメ。

陸っぱりカゴ釣りで6kg超えの大型含みタバメ3尾キャッチ【上甑島】11月いっぱいまで楽しめる(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

当日の最終釣果

さらに1.5kgほどを1尾追加し、合計3尾をクーラーに収めて、午前7時ごろに納竿した。現地のタバメは晩秋を境に数が減っていくが、今年は水温が高いので11月いっぱいまでは狙えそうだ。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
上甑島
場所:鹿児島県薩摩川内市
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年月11日15号に掲載された記事を再編集したものになります。