落とし込み釣行でヒラマサにブリ ベイト群れ小さく苦戦【須賀丸】

落とし込み釣行でヒラマサにブリ ベイト群れ小さく苦戦【須賀丸】

10月末に、福岡県宗像市地島の須賀丸の船長から落とし込み釣りの誘いがあり、沖ノ島沖へ釣行した。ベイトの群れが小さく苦戦するも、エサが付けばサカナが食ってくる展開に。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

須賀丸で落とし込み釣り

この日はウネリが1~1.5m。出港は午前5時で、外が明るくなったところで釣り場に着く。この須賀丸には探見丸がついていて、子機を見ていると海底の状況やベイトがどの位置にいるか分かって釣りやすい。

落とし込み釣行でヒラマサにブリ ベイト群れ小さく苦戦【須賀丸】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

幸先よくヒラマサ3kg級

船長から投入の合図が出て、仕掛けを入れてベイトがどの位置にいるのかを見て、ベイトが出てなければ途中で仕掛けを止めて、ベイトが出ればすぐに落とす。

サオ先を見ていると、微妙に振動してベイトが掛かったことが分かるので、そのまま海底に落とす。ベイトも青物が来ると暴れて逃げようとする。

すぐにサオ先が海面に突き刺さる引きがでて、巻き上げるとリールからイトが引き出されたため上げる。海面に来たのを見るとヒラマサと分かり、タモですくい3kg級。幸先がいい。

ベイトの群れ小さく苦労

それでもベイトが少ないのが気にかかる。船長もベイトを探すのに苦労をしているようだ。

ベイトが見つかって、さあ釣り開始と思い探見丸を見ると、すぐにベイトの群れを通過してしまう。群れが小さいので釣りづらい。

それでも探見丸を見ていると、小さい群れが出てくるので、それをめがけて落とすと、ベイトが掛かってくると青物が食ってくる。

落とし込み釣行でヒラマサにブリ ベイト群れ小さく苦戦【須賀丸】大羽さんはブリを仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

ベイトにはサバも交じる

ベイトの群れの中にサバの20~25cm近いのがいて、仕掛けに掛かってくる。そのサバを食ってくるのがいるが、食い込めないので上げてみると、サバに歯形が付いていて、根魚のようだ。一気にのみ込まないが、歯形から見て小さくない魚だ。

船長もベイトを見つけるために移動が激しく、走るときは20~30分かけて移動し、着いた所のベイトの群れも大きくない。

それでも探見丸を見ながら、小さい群れが出ると仕掛けを途中まで落とし、ベイトを掛けるとすぐにアタリがでる。

落とし込み釣行でヒラマサにブリ ベイト群れ小さく苦戦【須賀丸】左右田さんはヤズとシイラを披露(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

当日の最終釣果

釣果は釣る人でヒラマサ3尾、ヒラメ1尾。全体で青物6尾、ヒラメ1尾。台風明けでベイトの寄りが悪かったようだ。これからの釣り物は沖五目釣り、落とし込み、アジ泳がせがあるので、早めの予約が必要だ。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:須賀丸
落とし込み釣行でヒラマサにブリ ベイト群れ小さく苦戦【須賀丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。