ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】

岐阜県郡上市は、アユやアマゴで有名な地域だが、コイも昔から釣りのターゲットとされていた。アユほどの人気はないが、私が学生のころは「釣り」と言えば春はアマゴ釣り、夏と秋はコイ釣り。コイは地元の子供にとっては入門魚のような存在だった。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り コイ釣り

川の王者『コイ』

コイは日本全国に生息するなじみ深い淡水魚だ。田舎の川であれ、都会のど真ん中であれ、たくましく生息している。環境への適応能力が高く、水質の良くないドブ川でも生きていられる。寿命も他の魚より長く、10年以上生きるコイもいる。

そのためか大型に育ち、地域によってはメータークラスもおり、「川の王者」とも呼ばれている。そんな大物を釣り人が見逃すわけがなく、古くからコイ釣りは親しまれている。

また、コイは食べられる魚との認識も高く、釣ったコイは「洗い」「コイこく」「コイの唐揚げ甘酢あんかけ」などにして食用していた。

長良川のコイ釣り

岐阜県郡上市の長良川では、私が学生のころは「釣り」と言えば春はアマゴ釣り、夏と秋はコイ釣り。コイは地元の子供にとっては入門魚のような存在だった。しかし、近年は長良川でコイ釣りをする人はあまり見かけなくなった。

私もアユにのめり込んでからはコイ釣りから遠ざかっていたが、昨年から長良川の郡上管内で大ゴイが釣れるとの情報があり、昨年からコイ釣りを再開している。

郡上地区のコイ釣りシーズン

10月に入って落ちアユシーズンになると、郡上の釣り人は元気がなくなる。アユが終わって気が抜ける。しかし、私は待ちに待ったコイ釣りが始まるとワクワクしていた。ましてや秋はコイが冬に向けて荒食いするベストシーズンだ。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】当日のコイ仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

郡上大和「杉ケ瀬の大淵」でコイ釣り

10月中ごろ、まずは岐阜県郡上大和の通称杉ケ瀬の大淵に釣行した。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】郡上大和・杉ケ瀬下流の大淵(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

エサは練りエサ、これをダンゴ状にして吸い込み仕掛けに付ける。食わせエサは自家製の角イモだ。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】食わせエサは自家製の角イモ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

50㎝白ゴイをキャッチ

最初は外道のアブラハヤやウグイばかり。外道を回避するためにハリを大きくして投入すると、待つこと30分、穂先に付けていた鈴が「チリン」と小刻みに鳴る。

そして次の瞬間、穂先がグーン、グウーンとひん曲がる。すかさずアワせると確かな重量感。コイだ。やり取りを十分に楽しんでから取り込んだのは50cmほどの白いコイで、丸々と太っていた。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】杉ヶ瀬で釣り上げた白ゴイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

郡上八幡・中元橋

そして10月下旬。今度は八幡町の中元橋に来た。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】郡上八幡の中元橋(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

ここは昨年80cmほどの大ゴイが釣られたポイントで、私も学生のころに70cmほどのコイを釣ったなじみ深いポイント。

まずは橋から川見すると小~大のコイが確認できた。色の付いたコイもいる。寄せエサを打ち込み、午前10時に本エサを打ち込む。天気は快晴、風もなく気持ちのいいコイ釣り日和だ。

60cmマゴイの強引堪能

エサを打ち込んですぐに穂先はプルプルと揺れている。早速コイがエサに反応してくれているようだ。そして30分ほどで勢いよく穂先が曲がった。きたー。サオをあおって大アワセ。乗った!

ここからはコイとの格闘だ。穂先はひん曲がり、イト鳴りが止まらない。大きそうだ。ようやく姿を見せたのは体高があるコイだ。何度か息を吸わせて弱ったところでタモ入れに成功。タモに横たわった魚体はきれいなマゴイ(黒いコイ)で、長さは60cmほどだが重量は結構ある。秋なのに汗でシャツがびしょぬれだ。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】よく肥えたマゴイ

色ゴイ追加

1時間後にこれより少し小さい色ゴイを追加して昼食を取る。静かな河原で川を見ながらカップラーメンを食べる。気持ちが落ち着く時間だ。

11月になれば紅葉も見ごろになりそう。午後からは40cm級のマゴイと色ゴイを追加して納竿とした。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】マゴイと色ゴイ40~60cm4匹(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

今後の展望

長良川にはまだまだ手つかずのポイントがたくさんあり、そこには大ゴイが潜んでいる。冬になって気温が下がると食いが悪くなるので、それまでがチャンスだ。春はアマゴ、夏はアユ、秋はコイと、長良川をとことん楽しみたいと思う。

ベストシーズン到来の『コイ釣り』で60cm強引を堪能【長良川】幅広のコイを持ち笑顔の松森さん(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松森渉)

<週刊つりニュース中部版 APC・松森渉/TSURINEWS編>

▼問い合わせ
郡上漁協
出港場所:岐阜県・八幡町有坂
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。