【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大

近年人気が高まりつつある、タルイカにルアー(ハイブリットのスッテ)でアプローチする、若狭湾発祥の『タルイカメタル』。今回は釣り方のキホンを解説しよう。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

タルイカメタル釣り方

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大レンジ内を探る(提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

ポイント到着後、魚探に映るベイト感度や船長のアドバイスをもとに、大まかなヒットレンジを絞る。ルアー投入の際はルアーの鼻っつらを上げるようなイメージでサミングをしながら素早くフォールさせる。当然フォール中にもルアーをひったくっていくケースもあるので、イトフケが急に出るなど、変化を感じたところでアワセを入れる必要がある。

釣り始めてしばらくは比較的広く探る必要があるため、ヒットレンジは往復で狙うというのがセオリーだ。まずは狙いのレンジの上限からフォール主体で攻めてみよう。

フリーフォール

方法としてはまずはひとシャクリ入れた後、素早くクラッチを切り、3~5mフリーフォールさせた後ポーズを入れる。比較的じっくりと吟味してからポーズ中に抱いてくることが多いので、そのポーズ時間は他の釣りに比べても長く、20~30秒でもハイピッチと言えるほどだ。

そして再びシャクリを入れた後3~5mフォールといった具合に、狙いのレンジの下限までその動作を繰り返していく。下限に達したところで次は誘い上げにチェンジしよう。比較的ゆっくりとした大きめのワンピッチで3~4回シャクリ上げたところで、ピタリと止める。

テンションフォール

もしくは最後のシャクリはさらに大きく誘い、テンションフォールを入れた後ポーズといったものが基本的な誘いといえる。ゲームも中盤にさしかかり、船中で何匹かタルイカが上がるなど、レンジがさらに絞れてきたときは、集中してそのレンジを狙おう。

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大フォール中こそ集中しよう(提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

ポーズ

ただしそのレンジで、単調にシャクリ&ポーズを繰り返してしまいがちだ。それではやはりスレてしまう印象がある。必ず下から遠くのイカにも見せるようなイメージで誘い上げて、もしくは上から誘い下げて狙いのレンジでポーズを入れることも必要だ。

また狙いレンジから追わせるようなイメージで誘い上げる、もしくは誘い下げるといった具合に、あくまでそのレンジを起点に誘うといった具合に、レンジを絞る作業と絞れてからでは、そのアプローチ方法をガラリと変えるということが大切だ。

またペアで行動していることの多いタルイカ、同船のアングラーがヒットしている最中、オマツリのリスクが低いと判断できる場合は、その1匹にもう1匹がついてきているというイメージで、ルアーを同調させるのも高確率でヒットに持ち込むことができることもある。よって自分がイカをヒットさせた場合は、現在何mまで巻き上げているかなど、レンジを皆で共有することで船全体の釣果を上げる効果があるので、ぜひ行っていただきたいことの1つだ。

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大10kgオーバーが出ることも!(提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

アタリとアワセ

ほとんどの場合、アタリはポーズ中のティップの変化で捉えるが、手に持つタックルのわずかな重みの変化で感じるケースもある。いずれにせよ違和感を覚えたらアワセを入れてみるということが肝心だ。そのアワセもイカが抱えたスッテを滑らせて、カンナに掛けるようなイメージで素早く行うのが理想だ。

また、掛け損ねた場合でも、すかさずクラッチを切って2~3mフォールさせたり、細かくシャクリを繰り返したりといったフォローアクションも有効だ。首尾よくヒットに持ち込んだタルイカ。

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大重さのある強烈な引きだ(提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

最初はその重量感のある引きに動揺してしまいがちだが、最初は無理にイカを止めず、ロッドを曲げてドラグを使って自然に止まるのを待つ。イカが止まった後はゆっくり一定で巻き上げるか、大型のものであればポンピングで寄せるのが有効だが、その時も大きく引くのは3~4回程度で、しかも慣れてくるとそのタイミングも察知できるようになってくるので、とにかく落ち着いてファイトすることが大切だ。

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大落ち着いてファイトを楽しもう(提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

ランディング

ギャフ打ちなどのランディングに関しては、基本船長にお任せをするのだが、バケツ一杯のスミを吐くので、周りのアングラーも注意が必要だ。

【2019若狭湾】『タルイカメタル』キホン解説 今シーズンは期待大釣りたては赤い体色(提供:週刊つりニュース中部版 岩城透)

<週刊つりニュース中部版 岩城透 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。