メッキゲームで本命の他マゴチも 高速アクションに好反応!【三重県】

メッキゲームで本命の他マゴチも 高速アクションに好反応!【三重県】

すっかりハマっているメッキ。三重県四日市市の霞地区を訪れたのは10月10日だ。当日は、ジグでボトムを攻めて、かわいいマゴチ。そしてシルバーカラーのポッパーでメッキが連続ヒットした!

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ミノーでクロダイ&キビレ狙い

午後3時に現地に到着。足元には大小さまざまな多数のベイト、そしてグッドサイズのクロダイ、キビレの群れが見えテンションが上がる。

メッキゲームで本命の他マゴチも 高速アクションに好反応!【三重県】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

まずはこいつらを釣ってやろうと、ワームでちょっかいを出してみるも無反応。

早々に諦めて信頼のDコンタクトを結ぶ。ベイトの数から活性は高いと予想し、マシンガンキャストで方々探りを入れるが反応がない。

移動しながらいろいろ手を尽くし、30分ほどキャストするもノーバイト。

メタルジグでマゴチがヒット

ミノーに反応がないため、次の一手を考える。表層~中層は探っている。

トップに出そうな状況でもないので残るはボトム。ということでメタルジグにチェンジしてリフト&フォールで誘ってみる。

まずは5gで開始するも反応なし。7gまで重くすると、まとわりつくような感触のバイトが出た。

これはいけるかと誘い続けるが反応なし。

10gまで重くして、リアクション狙いのイメージで誘っているとボトムでヒット。しかし引きが弱い。正体はかわいいマゴチだった。

メッキゲームで本命の他マゴチも 高速アクションに好反応!【三重県】ジグにかわいいマゴチがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

高速アクションでメッキ

そうするうちにメッキ狙いのアングラーが現れた。しばらく観察しているとヒット。メッキをキャッチしている。ムキになって高速リトリーブにトゥイッチを入れた瞬間ヒット。

ギンガメアジだ。やはりメッキには高速アクションが効く。ようやく群れが回ってきたようだ。

すかさずキャスト&高速、いやそれを上回る(つもりの)光速トウイッチで3連発。しかし、またパタリと止まってしまった。移動しながらキャストを繰り返して探るも反応がない。

メッキゲームで本命の他マゴチも 高速アクションに好反応!【三重県】高速アクションにギンガメアジ3連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

ポッパーで28cmロウニンアジ

そういえばAPCのカリプソの大宮店長が「ポッパーでスプラッシュ&捕食音を響かせると活性が上がりますよ」と言っていたのを思い出した。

そこでショアーズペンシルポッパーを高速でリトリーブし、逃げ惑いベイトが捕食される場面を演出。その後再度ミノーに変更し、表層でトゥイッチをかけてやるとヒット。

本日最大28cmのロウニンアジだ。魚はいるのに今ひとつ口を使わない状況で、新しい引き出しを一つ増やすことができた。これでいけるかと思いきや、やはりキャストするだけではなかなかバイトしてこない。

メッキゲームで本命の他マゴチも 高速アクションに好反応!【三重県】最大サイズのロウニンアジ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

ポッパーからミノーのパターンだとポツポツとヒットする。他の魚が捕食していると勘違いさせるのがこれほど効くとは。ちなみにこの日のヒットカラーはシルバー系。よくヒットしてくれた。

当日のタックル

トータル10匹ほどキャッチし、午後4時半に満足してロッドオフとした。

黒潮に乗ってやってきたメッキは死滅回遊魚なので、冬は越せずに死滅してしまう。例年年末までは楽しめるそうだ。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。