キャスティング青物&シーバスゲームで型&数ともに堪能【名古屋港】

キャスティング青物&シーバスゲームで型&数ともに堪能【名古屋港】

9月27日、早朝から愛知県・飛島村の筏川から出船。今回のターゲットは前半はキャスティングでのサワラ&イナダ、中盤からはシーバスとぜいたくな釣行プランを決行。準備も早々に出撃した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

早々にミノーで90cmサワラ!

中央堤を越えると時折サワラの大ジャンプ。単発ジャンプは無視しながら、より確率が高い場所で様子を見る。何発も遠くでジャンプすれば接近し、ラパラソーランヘビーミノー90Sをキャストして高速リトリーブ。これを繰り返していると、ファーストバイトはキャプテンに訪れた。

ドラグ音が鳴り響くファイト。ロッドが大きく曲がり水面に姿を見せる。本命のサワラだ。2人で協力してランディングすると、90cmクラスのサワラだ。続くキャストで私にも待望のヒット。ドラグを鳴らし走るサワラ。なかなかのサイズだ。無事にランディングしたのは、90cm近いサワラだ。開始早々超ド級のサワラにテンションMAX。

キャスティング青物&シーバスゲームで型&数ともに堪能【名古屋港】ナイスなサワラをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

イナダも入れ食いに

もう一度サワラを追って移動する。この後は少し沈黙が続き、もう少し沖へ走る。すると小さなボイル発生。すかさずソーランヘビーミノーをキャストするとヒット。元気なイナダの登場だ。

気づけば一面イナダのボイル。しばし入れ食いを楽しんでいると、近くでサワラのジャンプ。小規模なイナダのボイルの側面でサワラがジャンプしている。すぐキャストをするとドストライク!一気にドラグを引き出すファイトはサワラに間違いない。

キャスティング青物&シーバスゲームで型&数ともに堪能【名古屋港】本命サワラ手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

ファイトを楽しみ水面に浮かせると、メーター級のサワラだ。サワラのダブルヒットもあり、さらにイナダも次々にキャッチ。楽しい時間を過ごせた。

港内シーバスゲームで78cm!

次は港内の戻りシーバスにシフト。まずは港内に戻り、ボートシーバスゲーム定番のバースのストラクチャー撃ちだ。ビスケイミノー12cmをセットしキャスト。残り1時間ぐらいで潮止まり時刻を迎えるので、それまでが勝負かなと思いキャストを続けていると、バース出口付近でヒット。元気な50cmクラスのシーバスだ。

その後は全然バイトもなく、小移動を繰り返しながらキャストを続けているとゴンとヒット。ドラグを鳴らし走るシーバス。なかなかの重量感だ。慎重にファイトしランディングに持ち込むと、78cmのランカーシーバスだった。久しぶりのランカーに最高の一瞬だった。この後はバイトも遠のきロッドオフとした。

名古屋港内では夏終盤から秋にかけて今回のシオ、イナダ、サワラ、シーバス、マゴチなど期待できる季節。皆さんもぜひチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・水野武司/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋港
出船場所:筏川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。