サーフエギングでアオリイカ11匹 3種のフォールで攻略【波松海岸】

サーフエギングでアオリイカ11匹 3種のフォールで攻略【波松海岸】

9月下旬、今年最終のエギング釣行の予定を立てた。10月になるとアオリイカも大型になるが、エサ釣りが増えて場所に入れない。急いで用事を済ませ、昼から人の少ないサーフエギングをやりに、福井県あわら市の波松海岸へ車を走らせた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

波松海岸でサーフエギング

当日は午後2時半に波松海岸に到着。予報では、北の風、波高0.5mだ。北の風だと向かい風になるのと、その影響で波が少しでも上がるとアオリイカの天敵のシーバスや、青物などが回ってくるため、半分ギャンブルの釣りになる。

海の様子を見に行くと予報通りの向かい風。北の風がそこそこ吹いていた。いつものように波打ち際を歩き、止めた車が見えなくなるまで進む。今回もそこから車までランガンしながら戻る作戦だ。

濁りなしで微妙に波が高かったので、もしアオリイカが高活性になって浮くと、フィッシュイーターが来そうだ。

サーフエギングでアオリイカ11匹 3種のフォールで攻略【波松海岸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

ランガンで本命12cm

1投目、フルキャストするが向かい風なのでいつもの半分ぐらいしか飛距離が出ない。すぐにラインコントロールでまっすぐ着底するようフリーフォールさせる。

着底後、すぐシャクリを入れフリーフォール、カーブフォール、テンションフォールと3種のフォールを交互に使いながら、アオリイカの乗る間を作っていく。だが反応はない。

ランガンを繰り返し数投したころ、誘った後に重みがロッドに伝わってきた。すぐにロッドを立てて聞くと、しっかりフッキングしたのかイカ独特の引きが伝わってきた。波に乗せて抜き上げると、胴長12cmぐらいのアオリイカだ。

最大は胴長サイズ15cm

さらにランガンしていくと、ポツリポツリと胴長15cmまでのアオリイカがヒットしてくる。ただ胴長15cmからサイズが伸びない。

サーフエギングでアオリイカ11匹 3種のフォールで攻略【波松海岸】波打ち際のブレイクを重点的に攻めた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

この日は飛距離が出ないからかもしれない。すると急に近くで魚が跳ねた。サゴシのようだ。すると、アオリイカがピタリと乗らなくなった。悪い予感が当たってしまったようだ。c

当日の最終釣果

時計を見ると午後4時だったので、今回はここで終了とした。釣果は胴長15cm超を頭に11匹。

サーフエギングでアオリイカ11匹 3種のフォールで攻略【波松海岸】サイズは胴長15cmまで(提供:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

サーフにあるテトラにはエギンガーがいたが、波打ち際は貸切状態。今の感じだと引き続きサーフエギングはできそう。好条件の日があればやってみようと思った。

<週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
波松海岸
場所:福井県あわら市
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。