今週のヘラブナ推薦釣り場【利根川・横利根水門下流】

今週のヘラブナ推薦釣り場【利根川・横利根水門下流】

朝夕はしのぎやすくなり、秋ベラ釣りの季節を迎えた。落ちに入る前に良型地ベラの荒食いに期待したい。佐原向地にある利根川・横利根水門下流が絶好機に突入し、釣れ始まった。適度な水深、底の起伏、弱い流れがあるなどの好条件を満たし、一年を通して狙える好フィールドだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

横利根水門下流の概要

今週のヘラブナ推薦釣り場【利根川・横利根水門下流】エリア(提供:週刊へらニュース 編集部)

利根川本流と横利根川を結ぶ釣り場。おもなポイントは東西にある新護岸で足場はよく、ともに竿16尺以上なら比較的良好な底を狙える。

今週のヘラブナ推薦釣り場【利根川・横利根水門下流】東岸の犬走り(提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

水深は2本~3本強で、潮の干満により水位は変化する。最深部は水門寄りの流心付近で、4本以上と思われる。水門の開閉でも水位が変化し、その場合は流れも発生する。釣りづらい面はあるが、この流れが魚に活性を与えるのは確かなことと言える。

流れは本流ほどではないが、水位の変化は50cm以上になることもある。新護岸は東西とも11月いっぱいまで宙・底のどちらでも狙える。

今週のヘラブナ推薦釣り場【利根川・横利根水門下流】水門からの風景(提供:週刊へらニュース APC・五木田富雄)

護岸下から11~12尺竿付近までは掛かりが多いので、底釣りなら15尺以上の竿で少しでも深いポイントを狙いたい。

釣り方

バランスの底釣りが基本。ただし、流れや水位の増減により、タナ取りやタナ合わせは思った以上に難しい。水深の変化を的確に追いかけきれるかが一番のカギとなる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【利根川・横利根水門下流】タックル(提供:週刊へらニュース 編集部)

ライトドボン

そこで勧めたいのが中・外通しオモリを使ったライトドボン。オモリは0.3~0.8号を用意。長竿なら0.5号が基本になる。ウキはボディー7~8cmで、トップはPCムクがいい。

エサは通常のバランスの底釣りなら両ダンゴがメインで、食いが渋めならグルテンセットか両グルテン。ライトドボンなら釣況に関係なくグルテンセットが基本。ウキの動きがいい時は、両グルテンにすることも。どちらも管理釣り場で使用するような配合でOK。

宙釣りよりもウキの動きは多いはずなので、あとはマブナ、半ベラ、コイ、アメリカナマズなどへの対応を考えたい。

宙釣り

宙釣りの場合、護岸がやや高いため8~10尺竿では、水位が低くなった時に竿先が水面に届かなくなることがある。そのため、11~16尺が釣りやすい。なかでも12~14尺程度が無難で、水深を確かめてから1~2本のタナで開始する。

エサは両ダンゴ、グルテンセット、トロ巻きセットのどれでもいい。なかでも、今の時期はトロ巻セットがお勧め。ハリス0.5~0.6号上10cm下17cmが無難。ウキはボディー6~8cmで、パイプ、PCムクのどちらでもいい。

釣り台は必要だがベタ置きでもOK。水面まで高さがあるので長柄のタマ網があるといい。駐車スペースから多少歩くので、必要なものだけを用意したい。

アクセス

釣り台必携。東関道大栄IC~R51を佐原方面へ。新水郷大橋北信号を右折してすぐ次を右折

<週刊へらニュース APC・五木田富雄 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
利根川 横利根水門下流
この記事は『週刊ヘラニュース』2019年10月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。