2daysキャスティングヒラマサで8kg頭に良型本命3連発【長崎】

2daysキャスティングヒラマサで8kg頭に良型本命3連発【長崎】

9月下旬に2日連続で、長崎県平戸市の白浜港から友人のボートでヒラマサキャスティングへ行ってきた。合間にはSLJでアコウの釣果もあった。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ボートでヒラマサキャスティング

2daysキャスティングヒラマサで8kg頭に良型本命3連発【長崎】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

9月下旬の釣行初日は、朝のみの短時間勝負。早朝5時30分すぎに出船し、約30分走って最初から本命ポイントに入る。

予報よりも少し北東寄りの風が強く、1.5mくらいの波で小型ボートが揺らされながら釣りスタート。

思ったよりも潮があまり動いてなく、ベイトの反応はいい感じだが潮のせいかチェイスもなく時間がすぎていく。

約1時間30分近くポイントを周りながら投げ続けるが、魚からのコンタクトはない。

潮止まり間際に4㎏のヒラマサ

満潮は8時前。そのタイミングで再び朝イチの本命ポイントへ移動しキャスト。朝より確実に潮は動いている。

瀬の終わりかけに差し掛かったところで、ダックダイブに対して激しく水柱が立つ。しっかりサオに重みを感じてフッキングを決めると、ずっしりと重い感じの抵抗感で「若干スレに掛かったかな」と思いつつファイトをする。そして、ネットインしたのは4kgのヒラマサ。

派手なバイトの割にはとちょっと苦笑いするが、1尾をキャッチできホッとしたのは正直なところ。「やっぱりおったね~」と、友人と再び船を入れ直し投げ続ける。

次は友人のダイビングペンシルにバイト。しかし、早アワセぎみだったためフッキングが決まらず。

ファイト強烈!!8kgを堂々キャッチ

その数分後、再び瀬の終わりかけギリギリで、ダイビングペンシルにコンパクトかつシャープなバイト。フッキングを決め、サオを腹に当てて強引に引く。水深5mの位置で食わせたため、根ズレしないように対応。

タックルもヘビーで太いラインを使用しているため、強引なやり取りが可能だが、あくまで自分に合ったタックルとドラグ調整をしている。自分に合わないタックルはケガをするし落水の危険性もあるため、一概にヘビータックルが良いわけではない。

上がってきた魚は8kgのヒラマサ。良い引きをして楽しませてくれた魚に感謝。

2daysキャスティングヒラマサで8kg頭に良型本命3連発【長崎】強烈なやり取りを制した(提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

その後は、ピタリとアタリもなくなり帰港。

翌日はジギングでアラ、SLJでアコウ

翌日は午前6時に出船。朝から3kgのヒラマサを掛けるも目の前でバラシ。

その後は反応が悪くいろいろなポイントを周るが不発。途中でジギングをやってみる。水深30~9mまでがカケアガリで潮がガンガン走るポイントで友人がアラ(クエ)をキャッチ。

そして昼前になり気温がぐんぐん上がり風は止み、夏のように暑くなると同時に魚からのコンタクトもなくなり我慢の時間が続く。潮は動きベイトの反応もあるがなかなかアタリがないため、SLJに切り替えてかわいいサイズのアコウを数尾追加。

夕マヅメにヒラマサが連続ヒット

午後4時、朝イチのポイントへ移動。夕マヅメに曇が覆い始めて少し風も出てきたが、1流し目からチェイス。サオに乗らなかったが雰囲気はあるように感じる。

2流し目で再びバイト。待望の感触にちょっと興奮しながらやり取りをして5kgのヒラマサをキャッチ。3流し目には連続ヒットで6kgをキャッチした。

2daysキャスティングヒラマサで8kg頭に良型本命3連発【長崎】ナイスコンディションのヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

その後は、風が強くなる前に帰港。最後にサイズは大きくはないが、元気なヒラマサ2尾に会えてよかった。とにかく粘ってくれた友人にも感謝。

秋になり、青物がアツい季節となった。平戸沖はこれからもっと盛り上がりを見せると思う。私も大型ヒラマサに万全の準備をして挑みたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也/TSURINEWS編>

▼出船場所について
白浜港
場所:長崎県平戸市
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。