『カラフトマス』求め北海道2days遠征釣行記 フライで最大81cm

『カラフトマス』求め北海道2days遠征釣行記 フライで最大81cm

年に1度は訪れたい川がある。日本で唯一、カラフトマスを釣ることができる北海道の道東・標津町を流れる忠類川だ。ヒグマは怖いが、遡上したてのシロザケのパワーと背っぱりになったカラフトマスの格好よさに魅了されたなら、誰でもシーズンが待ち遠しくなる。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

忠類川でカラフトマスを狙う

本州もサケを釣らせる河川はあるが、日時が限定された上、イベント的な要素が大きい。

それに比べて、忠類川では8月から11月の約3ヶ月間、調査休止日(木曜日)を除いて毎日楽しめる。7月下旬ごろから遡上が始まり、12月上旬までシロザケの産卵は続く。そんな忠類川を9月29日(日)~30日(月)に訪れた。

今年はカラフトマスが極端に少なく、すでに遡上は終わった印象。沿岸のサケ漁は漁獲量が例年比を大きく下回っており深刻な状況。不安はあったものの、釣行を決行。

1尾目は70cm超えのオス

5時すぎに現地到着。受け付け後、支度を済ませて開始時刻の6時を待つ。

駐車場に並ぶ車の半数はレンタカー。道民半数、遠征組半数で、単独釣行が少なくない。待っている間は、見知らぬ釣り人同士の釣り談義に花が咲く。

6時と同時に、思い思いの場所へ散っていく。遡上が少ないことから、私は上流へ。

川へ入ってすぐの分流には10尾ほどのサケが入っていて、オス同士がケンカの真っ最中。メス同士も産卵場所を巡って争っており、これは釣れるパターンだ。サケは川に入れば摂餌しないが、異物を排除する排他行動で口を使う。

魚を目視確認してフライをサケの鼻先に通すと、一発でパクリ。5分ほどかけて何とか浅場に誘導してランディング。70cm超えのオスだ。この分流で3尾をキャッチ&リリースして上流へ。

当日最大の78.5cmをランディング

瀬が淵へと落ち込む、遡上するときに休憩場所になる流れ。よく見ると数尾が確認できる。川底を感じながらリトリーブすると、淵の中からフライを追ってくる。

3投後「根掛かりかな」と思ったらアタリ。深場から引きずり出すが、一気に下流の瀬に入られる。50mも走らされ、10分かけてランディングしたのは、当日最大の78.5cmのオス。魚体の奇麗な個体はパワーが凄い。

『カラフトマス』求め北海道2days遠征釣行記 フライで最大81cm29日最大の78.5cmのシロザケ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

下の平瀬と合せて6尾の釣果。さらに上流へと移動し2尾追釣。11時半までに64~78.5cmを11尾。遡上してから時間が経っており魚体は傷付いている。

午後はフレッシュな魚を求めて最下流まで移動。しかし、これは大誤算。釣れないばかりか、魚影が確認できないまま、時間だけが過ぎていく。少し上流へ移動してシロザケ2尾を追釣し、16時過ぎに納竿。

初日の釣果

当日の釣果は、64~78.5cmを13尾。数的には文句なしだが、遡上が止まっているようで、どの魚も何度か産卵した後。それでも「サケ類でNO1」と言われるパワーを実感できて満足。

堤防やコンクリート護岸がない、手付かずの河川で釣りをするのが何より楽しい。昨年の大雨により倒木や流木が増えて釣り辛いように思うが、これも大自然。1度荒れて水が変われば遡上が期待できそうだが、今のところ魚影は少し薄いように感じた。

次のページで二日目の釣行をお届け!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。