ライトゲームでワンキャストワンヒット 40cm含みカマス連発【静岡】

ライトゲームでワンキャストワンヒット 40cm含みカマス連発【静岡】

9月28日(土)、静岡西伊豆の大田子湾で、セイゴとカマス狙いのライトゲームを楽しんだ。釣友の並河さんと一緒に、西~南伊豆をライトタックルでランガンする計画。当日は、30cmクラスのヒラセイゴや40cm級カマスがワンキャスト毎にワンヒットして連釣を楽しめた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

大田子湾でライトゲーム

7時ごろ、大田子で待ち合わせたが、釣友の到着が少し遅れたので、先にライトゲーム開始。潮位は満潮からの下げ始めで、笹濁り。光量が少なめなので、「アカキン」のミノーをチョイス。

ライトゲームでワンキャストワンヒット 40cm含みカマス連発【静岡】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

ヒラセイゴをキャッチ

底に大きい石がゴロゴロと点在しているのが見えて、水深1mもない。小河川からの流れが出てきていて、そんな水が動いている辺りを、最初のポイントに選んだ。

ここは秋になるとセイゴが大挙することがある期待の場所。まずは石のキワを通すつもりでキャスト開始。トゥイッチングすると、すぐにロッドが絞り込まれ、エラ洗い。35cmヒラセイゴをキャッチ。

ライトゲームでワンキャストワンヒット 40cm含みカマス連発【静岡】早朝のセイゴが高活性だった(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

すぐに再開。続いて30cm級を追釣。ミノーを追って数尾がチェイスしてくるのが見える。魚影は濃そうだが、遅れてくる並河さんのために3尾釣ったところでひと休み。

降雨と同時にカマス連続ヒット!

そこで、港内の状況もチェック。まだ潮位が高く、途中にある堤防は少し前まで水没していたようで、足元が滑りやすくなっているのでパス。

港内へ移動して、スロープを狙ったが魚からの反応はない。そのまま移動しながら湾奥の浅場に到着。ここには、セイゴがたまっていることも多いが、何の反応もない。

ライトゲームでワンキャストワンヒット 40cm含みカマス連発【静岡】大田子湾の様子(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

気が付くと雨が降り出してきた。空が暗くなり、「車へ戻ろう」と思ったそのとき、なんとなくキャストしたルアーに何かがヒット。それほど抵抗しないが、横へ走っていく。

ランディングすると、25cm級カマス。再びキャストすると、今度は40cm級。雨の降り始めと同時に活性が高まったのかもしれない。

カマスを10尾キャッチ

雨を我慢して続行するとワンキャスト・ワンヒット状態で、バラシもあったが、10尾キャッチしたところで雨が止んだ。するとアタリも同時になくなった。

ライトゲームでワンキャストワンヒット 40cm含みカマス連発【静岡】新型のルアーを使った(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

不思議なほど天気に左右された気はするが、短時間で最高のフィーバーを楽しむことができた。このあとは釣友と合流し南へランガン。メッキやセイゴを釣って存分に楽しんだ。

今シーズンのライトゲームはこれからさらに楽しみだ。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大田子湾
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。