秋の風物詩『ナブラ撃ち』白熱 ミノーでイナダ&シオ連発!【愛知県】

秋の風物詩『ナブラ撃ち』白熱 ミノーでイナダ&シオ連発!【愛知県】

9月18日は秋の風物詩、伊勢湾沖の小型青物のナブラ撃ちで出撃。ボイルを追いかけて、イナダが連発に、時折交じるシオに大興奮。最終的に、ナブラ撃ちで20~30匹のイナダ&シオをキャッチできた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

 

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のタックル&ルアー

タックルはボートシーバス用の6~7ft前後のスピニングロッドにリールはC3000番クラス、ラインはコスタルカモPEライン1.2号、リーダー16lb、ルアーはソーランヘビーミノー90Sだ。準備を早々に済ませ、愛知県・飛島村の筏川からエリアに向けて出船。名古屋港を抜けて走る。

ナブラ撃ちでペンペンシイラ

時折単発でサワラが飛ぶのを横目にポイントに到着するが、何も起こらずしばしスローにボートを走らせながら辺りを見回すも反応なし。

するとかなり小規模のナブラを発見。すぐにボートを走らせ、ソーランヘビーミノーをワンキャスト、一発でヒットしたが、上がってきた魚はペンペンシイラ。本命のイナダではなかった。

本命イナダをゲット

ナブラもすぐに消えてもう一度探索。なかなかナブラが立たず、エリアを行ったり来たりしていると、また小規模のナブラが出現。

すぐにキャストするとヒット。キャプテンとダブルヒットだ。上がってきたのは本命のイナダ。しかしすぐにナブラは消滅してしまう。

秋の風物詩『ナブラ撃ち』白熱 ミノーでイナダ&シオ連発!【愛知県】本命イナダをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

ファストリトリーブでシオ

少しボートを走らせると、またもや小規模のナブラを発見。キャストしすぐにヒット。上がってきたのはシオだ。さらに近くでナブラにフルキャスト。ナブラを直撃すると、イナダがヒットしてきた。

秋の風物詩『ナブラ撃ち』白熱 ミノーでイナダ&シオ連発!【愛知県】時折交じるシオに大興奮(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

このナブラは少し広範囲で起こっており、ソーランヘビーミノーをキャストして着水後ファストリトーリーブすると、ゴンとイナダがヒットする。キャプテンと青物の連続ヒットを楽しむ。

最終釣果

少し離れたナブラを再度追いかけキャスト。イナダが連発するが、時折交じるシオに大興奮だ。このナブラで20~30匹のイナダ&シオをキャッチすることができた。

この後は大きいナブラは確認できず、小規模なナブラ撃ちで数匹ずつ追加し終了となった。名古屋港内も夏終盤から秋にかけてシオやイナダ、サワラ、シーバス、マゴチなどが狙える季節。皆さんもぜひチャレンジしていただきたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
伊勢湾沖
出船場所:筏川
この記事は『週刊つりニュース版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。