名古屋港チニングゲームでレア魚『チャイロマルハタ』 多魚種と戯れる

名古屋港チニングゲームでレア魚『チャイロマルハタ』 多魚種と戯れる

段々気温が下がり、釣りやすくなってきた。9月21日、夜はかなり涼しくなってきたので、名港方面へクロダイ&キビレ調査に出かけた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

潮見橋周辺でチニング

そろそろ小型キビレも交じりだすので、名古屋市港区の潮見橋周辺へチニング釣行に向かう。 潮周りは小潮満潮21時20分205cm。午後8時ごろに現地着、すでに先行している岩田氏と河辺氏の元へ。

用意を済ませポイントへ着くと、ちょうど河辺氏がキビレを釣り上げたところだ。

しかし、エサ釣りの人が結構いるようで、入れるスペースがほとんどない。 そこで潮が高いので歩いて違うポイントへ向かう。潮の流れはあまりないので、3.5gのSリグ+ガルプインチホッグで始める。

コショウダイやマゴチがヒット

数投後ボトムをゆっくり巻いてくると、何かがバイトしてくるが、アワせる間もなくスルーされてしまう。アタリはあるがハリ掛かりしないパターンだ。

さらにポイントを2~3カ所移動したり入り直したりしたが、岩田氏が珍しい小さいコショウダイを釣ったのみ。潮も引いてきたので、ラストポイントへ向かう。

名古屋港チニングゲームでレア魚『チャイロマルハタ』 多魚種と戯れるコショウダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

エサ釣り師の邪魔にならないよう間隔を空けてラスト勝負。潮が引いてきて潮の流れも出て、いい感じになってきた。

ここでもSリグ3.5gで攻めるが、アタリはあっても乗せられない。悪戦苦闘していると、ようやく私にヒット。クロダイっぽくないなと思ったら、小さいマゴチだ。

名古屋港チニングゲームでレア魚『チャイロマルハタ』 多魚種と戯れるかわいいマゴチがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

レアなチャイロマルハタが登場

そして、その後すぐに河辺氏にヒット。またしても名港ではほとんど見ない珍客チャイロマルハタだ。過去に私も含め、仲間内で2匹釣れたのみの幻級だ。いろんな魚種が釣れて、これはこれで面白い。

そんななか、エサ釣りの人が何やら連発しているので気になって声をかけてみると、キビレを釣っていた。まだ小さく、私が使っているフックサイズではまず掛らないサイズだ。 これで先ほどからアタってくる正体が判明した。

名古屋港チニングゲームでレア魚『チャイロマルハタ』 多魚種と戯れる本命キビレ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

かわいいキビレも御用

時刻は午前2時近くになり帰り支度をしていると、エサ釣り師が帰ったようで場所が空いた。帰る予定だったが、小さいフックを持ち合わせいた岩田氏がダウンショットを送り込むと、かわいらしいキビレが釣れてしまった。 小さいハリをもらい、再びラインを通し釣り開始。

名古屋港チニングゲームでレア魚『チャイロマルハタ』 多魚種と戯れるかわいいサイズのキビレ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

なかなかハリ掛かりしないが、かわいらしいキビレを釣ってここでもコショウダイが釣れ、終わりが見えなくなるので納竿とした。

当日の最終釣果

今回はキビレ、カサゴ、コショウダイ、マゴチ、チャイロマルハタと小さいが、いろんな魚種も釣れて楽しい釣行となった。人が増え迷惑駐車やゴミのポイ捨て、ライジャケ未着用などが目立った。

1人1人がルートやマナーを守って釣りを楽しんでいただきたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
潮見橋周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。