シーズン盛期のショウサイフグ釣り カットウ仕掛けのキホン【関東】

シーズン盛期のショウサイフグ釣り カットウ仕掛けのキホン【関東】

カットウ仕掛けで釣るショウサイフグがシーズン真っただ中。茨城県や千葉県ではジャンボサイズのフグが日々乱舞。場所によっては、40cm超えの良型フグが日に50尾釣れているところもある。今回は、フグ釣りの基本と釣況を紹介します。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:長岡丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ショウサイフグのカットウ釣り

ショウサイフグの釣り方について解説する。

カットウ釣りのタックル

下図のようなカットウ仕掛けが主流。オモリのカラーはブラックや蛍光、集寄付きなどさまざま。潮色や活性によって使い分ける。

シーズン盛期のショウサイフグ釣り カットウ仕掛けのキホン【関東】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

エサ付け

茨城、外房でのエサはアオヤギが定番。親バリにアオヤギを刺し、まず黒いワタの部分を付け、次に橙色のベロを縫い刺して4~5粒こき上げる。余ったヒモを縫い刺しにして小さくまとめれば完成。

釣り方

仕掛け投入後からアワセまでは下図の通り。投入時はオモリとカットウが絡まないようにオモリを持って振り込むようにするといい。船の上下動が激しい場合は、タナ取り後、3~5秒間隔で空アワセを入れるタイム釣りが有効。誘いにもなる。

シーズン盛期のショウサイフグ釣り カットウ仕掛けのキホン【関東】仕掛け投入~アワセまで(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

アタリははっきりでることもあれば、モゾモゾしたり、モタれるだけなどさまざま。いかにアタリを捉えていけるかが、釣果を伸ばすカギ。反応がないときはフグが好むワタだけ食われていたり、仕掛けが絡んでいたりすることがあるので回収して確認する。魚が掛かったらテンションを緩めず一定速度で巻き上げる。

処理~調理

釣った魚は免許を持ったスタッフがきれいにさばき、身欠きにして渡してくれるので安心。刺し身や空揚げなど。寒くなる時期には鍋がいい。シメはダシを心ゆくまで堪能できる雑炊がお勧め。

次のページで茨城&千葉の釣況を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。