落とし込み船で大型青物狙い 着底と同時にブリがヒット!【福岡県】

落とし込み船で大型青物狙い 着底と同時にブリがヒット!【福岡県】

玄界灘にメーター級青物(ブリ、ヒラマサなど)を狙って落とし込み釣りへ。釣友2人と共に、福岡県の遊漁船・明石丸を訪れた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一 )

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

明石丸から落とし込み釣り

9月14日、午前5時に大物釣り師を含めた乗船者8人でまだ薄暗い港を出船した。ちなみに釣座は、船長が作ったクジ引きで乗船者から不平不満が出ないように出船前に決める。

結果は、私たちは右舷側となり、船首から久留米市のAさん、次に大仁田さん、小野田さん、船尾に私だった。

大島近くの海域では波も1mほどだったが、沖ノ島が見える海域では波も1・5m強と高くなっていた。そんな中を船は水深63~70mのエリアに6時ごろ到着した。

当日のタックル

落とし込み船で大型青物狙い 着底と同時にブリがヒット!【福岡県】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一 )

釣座に移動し仕掛けをセット。

仕掛けはメンバーと統一(ハリ11号、ハリス16号、ミキイト16号)するように決めていた。そして、5分ほど待ってからこの日の釣り開始の合図である警笛がプッと鳴る。

同時に仕掛けをストレートに落とすと、40~45mライン近くでベイトが即付いた。

仕掛けをそのまま真下へ落とすと66mで着底した。少し待ってもアタリがないので、仕掛けの上げ下げを2回繰り返す。

しかし、アタリがないので次のエリアに移動するが青物らしい反応はない。

6kg級カンパチが登場!

船は小まめに65m前後のエリアを移動していた。しかもどのエリアでもベイトの付きは抜群で常に2、3尾付いていたが、なぜか本命魚の青物がバイトしないのだ。

そんな時だった。大仁田さんのサオが大きく曲がっていたので、私はとっさに青物だと直感した。

そして、船長が差し出す大きなタモに6kg級のカンパチがすっぽりと収まった。

落とし込み船で大型青物狙い 着底と同時にブリがヒット!【福岡県】6kg級カンパチがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一 )

その後からだ。船上のメンバーのサオもひんぱんに曲がってハマチ~ブリ、ヒラマサ、ヒラメ、アオナ、ボッコなど多彩にヒットし、やっと船上も賑やかになってきた。

しかし、8~9時すぎまでエサ付きが悪くなり、アタリも遠のき中休み状態に。そんな状況を察すると、早々に船は全速で大島寄りまで移動し、水深65m前後のエリアで釣り開始。

着底と同時に85cmブリヒット!

仕掛けを投入すると、即ベイトが付いて底まで数秒で落とすと前アタリと同時にサオ先が海中へ強く引っ張り込まれ、サオを軽くあおるとグイッとサオが曲がった。

慎重にリールのドラグを調整しながら引き寄せると、小野田さんの差し出すタモにすっぽりと収まったのは85cm超えのブリだった。

落とし込み船で大型青物狙い 着底と同時にブリがヒット!【福岡県】85cmブリがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一 )

その後、小野田さんが爆釣モードに突入し、4kg超えのヨコワを筆頭にヒラメ2尾、ヒラマサ、ブリ、アオナ、ハマチ、ヤズと多彩にヒットさせていた。また、乗船者全員のクーラーも満タンで、楽しい落とし込みが午後1時に終了した。

<週刊つりニュース西部版 APC・沖島健一 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
明石丸
出船場所:神湊港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。