ティップランエギングで連続ヒット 五ケ所湾シーズナルパターンも解説

ティップランエギングで連続ヒット 五ケ所湾シーズナルパターンも解説

9月22日(日)南伊勢町五ヶ所湾で、渡船屋たにぐち にてティップランエギングに出かけた。この日は釣りガール森田菜月さんも同船されるということもあってとても楽しみにしていた。台風の接近で出船が危ぶまれたが湾内限定での出船となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・Shinchan)

Shinchan
Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

    ×閉じる

    ソルトルアー エギング&イカメタル

    キンアジカラーのエギで開始

    当日の天候は雨予報に反してローライトで風もありティップランとしてはまずまずのコンディション。

    私は2.5号のキンアジカラーのエギにシンカーを付けてスタート。すると周りでポツリポツリとヒットが続くが私にはまだアタリはありません。しかし一瞬風が吹き船が良い感じで流れ出した瞬間ようやくヒット!

    やはりティップランは船が流れ出すとイカから好反応が返ってきます。程なくして菜月さんにもヒット!同船者の注目を集めるも海面に見えたのはコウイカでした。この日はコウイカの反応がよく船中でもよく釣れていました。

    ティップランエギングで連続ヒット 五ケ所湾シーズナルパターンも解説まずはコウイカ(提供:WEBライター・Shinchan)

    特定のエギにヒット集中

    そしてここからミヨシとトモでヒットが連発!

    ティップランエギングで連続ヒット 五ケ所湾シーズナルパターンも解説当日使ったエギ(提供:WEBライター・Shinchan)

    そう、先週の日本海でも現れた特定のエギにだけヒットするパターン。ミヨシの石川さんはピンクマーブルとオレンジ系のエギ、トモの方はグリーン系のエギ、どちらも2.5号のエギにシンカーを付けるスタイル。

    ティップランエギングで連続ヒット 五ケ所湾シーズナルパターンも解説ダブルヒット(提供:WEBライター・Shinchan)

    イカメタルではスッテのカラーを頻繁に変えて新鮮なスッテを見せて抱かせるが、一方ティップランではアタリカラーが延々と釣れ続く傾向にあります。

    ただ、爆発的にヒットしたからと言って翌週そのエギがヒットするかと思えば空振りに終わる事もあり、その辺がティップランを面白くしている理由の一つでもあります。

    菜月さんにもアオリイカヒット

    その後、ポイント移動を繰り返し、集中していると菜月さんにヒット!今度は狙い通りのアオリイカ!

    ヒットエギはもちろんパタパタ!菜月さんの笑顔に癒されながらその後も頑張ったが風が強くなり始めた正午前にストップフィッシングで帰港。最終釣果は私1杯、ミヨシの石川さんは10杯超え。

    ティップランエギングで連続ヒット 五ケ所湾シーズナルパターンも解説筆者も1パイ(提供:WEBライター・Shinchan)

    次のページで五ケ所湾のシーズンパターンを紹介

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。