ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説

ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説

9月14日(土)福井エリアでゴムボートでのティップランエギング釣行に出かけた。釣友の山本氏が所有するゴムボートに同船させてもらい自身では今シーズン初めてのティップランになる。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・Shinchan)

Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ゴムボートティップランエギング

釣友が所有するゴムボートでのティップランエギング釣行をしてきた。まずはゴムボートならではの楽しみ方と注意点を紹介する。

ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説ゴムボートの装備(提供:WEBライター・Shinchan)

楽しみ方

ゴムボートティップランの特徴は、おかっぱりエギングと違い魚探を見ながら、起伏やベイト感度を探し、手付かずの自分だけのマル秘ポイントを見つけることが可能なところだ。そこが難しくて、実は楽しいところだ。

また遊漁船やプレジャーボートより海面が近くイカとのコンタクトもよりダイレクトに感じ取れることも魅力のひとつだろう。その分シャクリやアワセをしっかりと行う必要がある。

注意点

注意点としては安全面における出船可否や危険回避を常に考える必要がる。ゴムボートは着水面が平らなため体高の高いボートに比べ意外に波やうねりの影響を受けにくいが、それでも大波や強風には注意が必要だ。

風向きなど現地に行ってみないと分からない場合もあるが、出航判断は波0.2m 風4mまでを目安にすることをオススメする。ちょっとでも不安な要素があったら、出艇を控えよう。

当日の状況とタックル

準備を済ませ意気揚々と出船!夏日となったこの日はやや波があるものの爽やかな風が吹き絶好のティップラン日和だ。まず驚いたのはゴムボート艤装。特に自家製イケスにシーアンカーには、私も大好きな百均チューンが施されていて、手返しが早く時には1時間に60杯ペースでも対応できる凄技アイテムに仕上がっている。

ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説簡易自家製イケス(提供:WEBライター・Shinchan)

最初のポイントに入り3.0号キビナゴカラーのエギを投入!事前情報によるとキビナゴとキンアジは鉄板カラーとの事!

すると直ぐに山本氏にアタリがあるも身切れしてしまったようだ。イカの気配を感じワクワクしながらキャストを繰り返すが中々アタリが無い。ボートに装備された魚群探知機をもとにポイント移動を繰り返すが定番ポイントに入ってもアタリがない。

ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説当日のタックル(提供:TSURINEWS編集部)

シャローエリアでアオリイカヒット!

そこで丁度朝マヅメの時間帯なので魚を狙う事にした。遊漁船と違い、臨機応変にターゲットを変える事が出来るのもゴムボート釣行の魅力だ。

シャローエリアに入り山本氏はアジ、カマス狙いに変更し、私は2.5号のキンアジカラーにシンカーを付けたエギでそのままティップランを続けているとクンっとティップが入る待望のアタリでアオリイカがヒット!

ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説待望のヒット(提供:WEBライター・Shinchan)

魚を狙いにシャローへ入ったのが功を奏したのかその後もヒットが続いた。

ヒットカラーは『キンアジ』

ゴムボートティップランエギングで合計24杯 楽しみ方と注意点も解説当日のヒットカラー(提供:WEBライター・Shinchan)

山本氏も魚狙いを一時中断し、ティップランに変更するも私のエギばかりにヒットする。どうもこの日のために買っておいたキンアジカラーがヒットカラーのようで何故かこのエギだけに反応する。

実はティップランではよくある現象で私も何度も経験があり爆発した時の破壊力はすさまじいものがある。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。