陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】

陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】

9月下旬になり様々な釣りが楽しめる季節となってきた。今回は私のホームフィールドである静岡県中部エリアにある清水港へSLS(スーパーライトショアジギング)とエギングのリレー釣行。エギングタックルを流用して青物とアオリイカ両方を狙うことにした。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本 隼一)

Shunichi_Sugimoto
Shunichi_Sugimoto

メインフィールドは静岡エリア。釣糸メーカーfathomさんの2019年度フィールドモニターとして活動中です。エギングタックル一つで様々な魚種を狙ってみたり、時にはフカセ釣りで魚と繊細な駆け引きをしたりとジャンル問わず様々な釣りを楽しんでいます。釣った魚を捌いて料理する事も大好きです。釣りの面白さや奥深さ、釣った魚を食べる楽しさを発信していきたいと思います!

Shunichi_Sugimotoの担当記事を読む
×閉じる

ソルトルアー ショア

エギングタックルでSLS

昼間の暑さが落ち着いて快適に釣りができる夕方に清水港へ到着。天気は晴れ、風も波も無く穏やかで絶好の釣り日和だ。

エギングタックルのみで、アオリイカ新子狙いのエギングと青物狙いのスーパーライトショアジギング(SLS)を楽しむ予定だ。

陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】当日のタックルはエギングとSLSを併用(作図:TSURINEWS 編集部)

まずは15gメタルジグで青物狙い

青物の回遊が期待できる岸壁の先端部へ歩いている途中でいくつか墨跡を発見。エギングのポイント選びでは墨跡のある場所を目安にすると釣果に恵まれる事が多い。

墨跡の濃さから2、3日前のものと判断。後でこのポイントでエギングをすることとした。まずは15gのメタルジグをフルキャストして上層からボトム付近まで丁寧にサーチ。

陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】当日使用したジグ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

ちらほらとベイトのサッパが泳いでいるのが確認できたがナブラやボイルなどは起きてはいない。そのため中層からボトムまでに狙いを絞り、速めのワンピッチジャークで誘いを入れる。

ワカシ(ツバス)がヒット!

中層まで7回ほど誘い上げた所でガツンっとヒット!掛けた瞬間から青物らしい疾走で楽しませてくれる。

正体はブリの幼魚ワカシ(ツバス)だ。小型でも流石青物。引きはなかなか強く、ライトなタックルでのSLSではしっかりドラグを調節しておくことが重要だ。

陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】ワカシがヒット(提供:WEBライター・杉本 隼一)

目安としてはラインを少し強めに引っ張り出した時にドラグがしっかり回転する位に調節しておくと安心だ。

小型のカンパチ(ショゴ)も登場!

ワカシをキャッチした後はアクションを変えてボトムからの速いただ巻きで誘ってみることに。ボトムからハンドルを5回転したあたりでゴンっと強い衝撃。

フッキングと同時に青物らしい疾走とともにワカシとは違う力強い引き!寄せてきても最後まで右へ左へ走って強い抵抗。

姿を見せたのは37cm程の小型のカンパチ(ショゴ)。エギングタックルでのスリリングなやり取りを満喫した。

陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】 ショゴがヒット(提供:WEBライター・杉本 隼一)

日が落ちるとエギングへ

段々と周囲が薄暗くなりここでエギングへチェンジすることに。ジグからエギに付け替えてまずは、潮通しの良く海底に起伏の変化があるポイントからスタート。

しかし夕マズメの良いタイミングにも関わらずイカからのコンタクトは無い。秋のエギングは活性の高いイカを探してランガンする方が、効率が良い。そのため先端部から隣接する港湾の奥までランガンして探っていく。最終的に行き着いた場所は釣り開始前に見つけた墨跡の落ちていたポイントだった。

ジャーク後のボトムステイで新子ヒット

陸っぱりでイカと青物を1タックルで楽しもう SLS釣行記【清水港】当日使用したエギ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

キャストしてボトムまでフリーに落とし強めに2段シャクリ。少しステイさせて4回ほど緩急を入れたジャーク。

その後はテンションフォールで再びボトムをとる。そして少しボトムステイさせた所で微妙な違和感が。

少しラインを張ると重たい感触。アワセを入れると重みとジェット噴射!やっとの思いでヒットさせた。キャッチしたのは200g程の新子サイズだったが嬉しい1杯だ。その後も少し粘ってみたがイカの数が少ないのかアタリはなく後が続かない。

お手軽なスーパーライトショアジギング(SLS)

このまま粘っても厳しい雰囲気だったので納竿することに。今回はSLSでは青物2匹、エギングでも1杯アオリイカをキャッチする事ができた。

エギングタックルを流用して青物や根魚などからイカまで両方狙えるので是非皆さんもお手軽なSLSとエギングのリレー釣行をしてみてはいかがだろうか。

<杉本 隼一/TSURINEWS・WEBライター>