SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】

真夏の暑さも名残惜しい中、8月下旬、釣研FG玄海支部は、TEAM雑魚の上田さんと花村さんとともに、北九州市戸畑港・Trip(トリップ) に乗り込み、タイラバとSLJ(スーパーライトジギング)で釣行した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の状況

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】ジギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

当日は、北九州市戸畑港を午前5時に出船。約1時間でポイントに着き、パラシュートアンカーを入れたらすぐにスタートフィッシング。水温は25度、低気圧が過ぎた後の穏やかな海上、活性はきっと良いはず。

当日は、釣りが初めての人や2回目の人が多くなかなか面白くなりそうだ。

タイラバに30㎝のマダイ

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】タイラバタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

水深60mなので、まずはゴールド系80gのヘッドを取り出し、カーリーワームを長めに装着したら吸い込まれそうな海に第1投。

ワクワクしながら一気に落としていく。フォール中にも何かアタっているがフッキングまでには至らない。

ステイして、速めのリトリーブで20回ほど巻き上げたところでアタリがあり何かが乗った。釣れたのは30cmのマダイだ。速いリトリーブと底から15m上で食ってきたので活性は良いと考える。

このマダイを皮切りに、後ろや前でイトヨリやレンコなどがぽつぽつヒットしているが、11時ごろから下げ潮に変わるまで辛抱の釣りとなるだろう。

下げ潮で特大アマダイ!

そして、下げ潮に変わるとタイラバの太田さんに特大アマダイが登場。

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】太田さんの高級魚のアマダイ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

ジグの原田さんにハマチ3kgや良型マダイ、アコウ、私にアラカブなどが次々にヒットして船上が盛り上がる。

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】私はアラカブをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

80cmブリも登場

最後には齋藤さんに特大のアタリがあり、私も仕掛けを回収し応援に回るが、タイラバの細い仕掛けなのでゆっくりとしたやり取りを勧める。やがて船底にギラギラと青物が浮いてきて、無事にブリ80cmをランディングした。

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】大型のブリをキャッチした太田さん(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

今後は気温も徐々に下がり、海上はますます快適になるが、喫煙などのモラルを確立して楽しい釣りを心掛けてほしい。

SLJ&タイラバでマダイに特大アマダイに80cmブリ【福岡・Trip】アラカブに笑顔の花村さん(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip
出港場所:戸畑区銀座
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。