陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!

最近では様々なルアーのカラーとして使用されるようになったグロー。釣具屋などで販売されているルアーを見てみると、様々な種類のルアーにグローカラーが展開されている事がわかる。今回は、効果を発揮する場面を解説していこう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本 隼一)

Shunichi_Sugimoto
Shunichi_Sugimoto

メインフィールドは静岡エリア。釣糸メーカーfathomさんの2019年度フィールドモニターとして活動中です。エギングタックル一つで様々な魚種を狙ってみたり、時にはフカセ釣りで魚と繊細な駆け引きをしたりとジャンル問わず様々な釣りを楽しんでいます。釣った魚を捌いて料理する事も大好きです。釣りの面白さや奥深さ、釣った魚を食べる楽しさを発信していきたいと思います!

Shunichi_Sugimotoの担当記事を読む
×閉じる

ソルトルアー ショア

グローカラーとは?

グローカラーは明るい場所で見ると白みのある黄色のような色をしているが暗闇ではぼんやりと黄緑色に光るのが特徴だ。

誰もがはじめに抱く疑問が、「どのようにして発光しているのか」ではなかろうか。簡単なメカニズムは以下になる。

STEP1,光(紫外線)を吸収
STEP2,光を蓄積
STEP3,発光する

もちろん永遠に光るのではない。蓄積した光が減って来ると発光が弱くなってくるため、明かりの少ない夜釣りの際にはライト等をルアーに当てると再び発光するようになる。

蓄光の原理

話はちょっと脱線するが、蓄光の原理を説明しよう。

グローカラーに使われている塗料の結晶は電子を持っており、光に含まれる紫外線に反応することで興奮状態になる。この状態から元に戻ろうとする時に発散されるエネルギーが光として目に見えるのだ。

元の状態に戻ると、当然、発光しなくなるという理屈。ちなみに、過去には夜光塗料に放射性物質が使用されていた時代もあったが、今は使われていないのでご安心を。

グローカラー使用の代表的なルアー

各種ルアーでもグローカラーは定番色になっている。

メタルジグ

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!ジグ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

グローが頻繁に使用されるのがメタルジグ。斜めにグローのラインが入っているゼブラ系が有名だが最近ではオールグローといった全身がグローのみで作られているものもあり多様なグローカラーのメタルジグが販売されている。

エギ

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!エギ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

エギもグローが頻繁に使用されるルアーである。最近ではイカが見やすい光の波長に合わせたグローが搭載されたエギもある。アクセントカラーとしてグローが使用されたりエギ全体が発光するタイプもある。

ワーム

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!ワーム(提供:WEBライター・杉本 隼一)

ワームといってもフラットフィッシュ等に使用される5inch程の大きな物からアジングやメバリングといったライトゲームに使用される小さな物まで様々なものがあるがどの大きさでもグローカラーは鉄板になっている。

グローカラーが有効な場面

ナイトフィッシング以外でもグローカラーが活躍する5つの場面を紹介。を上手に使い分けて、釣果アップへつなげよう!

1、マヅメ時や夜

光量の少ないマヅメ時や夜は暗闇で光るグローカラーが効果を発揮する。暗い海の中で良く目立つため魚に存在をアピールしやすい。

また光量が少ない時間帯問わずにに、ボトム付近を攻める時にも有効だ。

2、水が濁っているとき

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!グローカラーで高アピールを(提供:WEBライター・杉本 隼一)

水が濁っているときは昼間でもグローの発光が効果を発揮する事も多い。濁りで見通しが悪い中で発光することでルアーをアピールできる。昼間の晴天時でも水が濁っていたらグローが効果的なことがある。

3、曇りや雨天時

光量の少ない曇りや雨天時はマズメ時と同じような効果が期待出来る。ここまではどれも水の中の光量が少ない事が共通している。もちろん薄暗い時などは昼間でもグローカラーのルアーが効果を発揮する。

4、光に反応しやすい魚を狙う時

私の経験上タチウオやサワラ(サゴシ)、カマスなどの歯が鋭い魚が光に反応しやすい。このような魚を狙う時はグローカラーのルアーをキャストしてみると効果的な事が多い。

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!タチウオに効果的(提供:WEBライター・杉本 隼一)

5、魚の目先を変えたいとき

例えば「アジングでクリアー系のワームを使用していたが、ショートバイトや食いが渋いせいで釣果が上がらない」というような場合に目立つグローカラーのワームに変えるとアタリの出方が変わる事がある。上手くハマれば起爆剤として効果絶大なのでこのような場面に遭遇したら試してみるのも良いだろう。

陸っぱりでグローカラーが有効な場面5選 光る原理も併せて解説!アジングワーム(提供:WEBライター・杉本 隼一)

<杉本 隼一/TSURINEWS・WEBライター>