ヒラマサキャスティングゲームで10kg超え本命船中3尾【クルーズ】

ヒラマサキャスティングゲームで10kg超え本命船中3尾【クルーズ】

玄界灘でヒラマサキャスティングゲームをしに、8月17日、福岡市博多区東浜の遊漁船「クルーズ」へ乗船。台風一過後のウネリや風の好影響で、近海のヒラマサ狙いに変更し、シイラがベイトになる好状況で10kgヒラマサ頭に高速ピッチが好調な一日となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ヒラマサキャスティングゲーム

8月17日、福岡市博多区東浜の遊漁船「クルーズ」で玄界灘のヒラマサキャスティングに行ってきた。お盆明けは沖でカツオを狙うことが多いが、台風一過後のウネリや風もあり、近海のヒラマサ狙いに変更となった。

この時期は、日によってベイトが変わるため、大型プラグと中型プラグ用にタックルを2セット準備しておき、最初は17cmの波動が強めのプラグを使用することにした。

ヒラマサキャスティングゲームで10kg超え本命船中3尾【クルーズ】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

ルアーローテでヒラマサ3連発!

ポイント到着後、何回か船を流していくものの、ヒラマサは出なかったが、そろそろバイトもあるだろうと信じて動かしていたらヒット!上がってきたのは6kgくらいのヒラマサだった。

当日のヒットパターンを探るため、同じ動きでルアーサイズの異なるものを使ってみようと思い、20cmにサイズアップしてみた。しばらくキャストを繰り返しているとヒット!上がってきたのは4kgくらいのヒラマサだった。今度は、サイズ感は同じで動きが異なるタイプに変更し、キャストを繰り返していると再びヒット!上がってきたのは9kgのヒラマサだった。

高速ピッチがパターン

当日は、速く動かせばどれでもバイトがあるような状況で、なおかつヒラマサがシイラを捕食している場面を目撃できたのでガンマ90を投げ倒すことにした。しばらくすると、魚の活性も上がり同船者も釣れるようになった。そして、4尾目を釣ったところでキャビンで休憩していると船の射程距離圏内でシイラが追われ、同船者に10kgオーバーがダブルヒット!見事キャッチに成功。

その後、再びキャストを繰り返していると、5尾目のヒラマサをキャッチできたが、しばらくするとヒラマサが釣れなくなったので、ジギングをすることになった。しかし、私にジギングでのヒットはなかった。

船中3尾目の10㎏オーバー!

夕マヅメになり、再びキャストしているとヒラマサが釣れなかったため、ポイントを移動することに。しかし、ヒラマサからのコンタクトがなかったため、納竿しようとしたところ、目の前でシイラが捕食されるのが見えたため、もう何回か投げることになった。すると、同船者にヒット!上がってきたのは当日3尾目となる10kgオーバーのヒラマサだった。

その後はバイトもなくなったため納竿。今回、船中でヒラマサのキャッチ数はトップだったが、10kgオーバーを釣ることができなかったため、課題が残る釣行となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
クルーズ
TEL:090(7161)1956
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。