メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】

メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】

9月1日(日)、神奈川真鶴の真鶴港で、メッキのルアーフィッシングを楽しんだ。潮位が下がり点在する岩付近のシャローエリアで本命メッキが勢いよくヒット。今後もさらに期待が持てる。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

真鶴港でメッキゲーム

釣行当日、現地に到着したのは、11時ごろ。駐車スペースが満車寸前で、護岸には多くのアングラーが釣りをしている。

メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】真鶴港の今回のポイント(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

港内の遠くを見ると、イワシと思われる小魚がパシャパシャと跳ねている。これが射程範囲に移動してきてくれたら、メッキも活発になるのだろう。

タックルを準備して、スロープに向かう。潮位が下がっていて、スロープはかなり露出しているようだ。日差しがかなり強いので、足場は乾いている。

メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】港内のスロープが回遊ポイント(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

スロープ周辺シャローを狙う

メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】ルアーメッキタックル(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

スロープの右端は作業者がいたので、中央からキャストを開始。

スロープエッジの向こうが、潮位は下がっているのでよく見える。岩がいくつも点在しており、寒い時期はメバルが集まるが、今回はメッキがターゲットなので、その周辺に広がるシャローがポイントだ。

捕食が目的のメッキは、深場から誘い上げるよりも、浅場のやる気がある個体を狙うと勝負が早い。

ダツ&オニカマスがヒット

遠投して広く探り始めると、すぐにルアーを追ってくる影が見える。遠くの方でヒットして、そのまま元気よくジャンプしたのは、この時期のお約束、ダツだ。水面にこの魚がいるということは、メッキがすでに入り込んでいる可能性はかなり高い。

再び、キャストすると近くまで追ってくる姿。すぐに反転してしまったので、急いでその先へキャスト。小刻みに連続トゥイッチで誘うと、ヒットしたのはオニカマス。

いずれも水温が高いうちは、表層で活発にルアーを追ってくる。もう少し水温が下がり始めれば、メッキが我先に捕食を始めるだろう。

遠投で18㎝本命が登場!

さらにキャストを続けると、再び遠投でヒット。今度は抵抗のある引き方で、横に走っていく。潜ろうとするので、カキ殻でラインを傷つけないよう注意して、抜き上げたのは18cmほどの立派な本命だ。

メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】まずまずのサイズがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

突堤の向こう側も探ってみるが、小さな熱帯魚たちが幸せそうに泳いでいるだけで反応はなかった。諦めて、先ほどのスロープへ戻ることにする。

本命2尾を追釣り

右側の作業が終わっていたので、そこに立ってキャストしてみる。すると立て続けに、同じようなサイズを2尾追加することができた。

メッキゲームで18㎝本命 狙いはスロープ周辺シャローエリア【真鶴港】立て続けにヒット(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

とりあえず状況チェックはできたので納竿。短時間の釣行でも結果がだせるので、近くに釣れる場所があるのは嬉しい。

<週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
真鶴港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年9月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。