剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】

東京湾剣崎沖ではワラサの釣果が上向いてきた。ファンも船宿も待ちわびた熱い季節の到来だ。船中5kg頭にワラサ3尾、マダイ3kg超えを頭に6尾とどちらも好調。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

瀬戸丸でマダイ・ワラサを狙う

8月中旬、剣崎松輪の瀬戸丸から出船。同船ではマダイ・ワラサ船として出船開始。同じポイントで両魚が狙えるらしく、前日にはワラサ4~10尾と大釣り。さらに9.35kgと7.4kgのマダイが上がりトップは4尾。

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】剣崎松輪港略図(作成:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

昔からのマダイ釣り仲間6人に若手1人が加わり7人で仕立た。マダイ主体に、朝はワラサを狙う。

マダイ狙いは少し長めの細ハリス。ワラサ狙いは6号以上を使いたい。細いほうが食いがいいので、状況にもよるが、あとは腕の見せ所。

当日の状況

釣行当日は、台風10号の影響で千葉など各地に大ウネリが押し寄せているが、剣崎沖はナギ。鈴木弘・大船長の操船する第10瀬戸丸は港前で待機後、5時半に僚船とともにポイントへ。5分弱であっという間に到着。水深50m。「ハリス6号6mでプラス3~4m」の指示で開始。

アタリなく静かなスタート。本来ならば、ひしめき合うほどの船団ができるのだが、台風の影響からか、周囲には10隻程度。

ハリス6号を切る大物が・・・

左舷胴の間の私にファーストヒット。前日は6号ハリスが切られることなくかなり釣れたそうだが、強い引きでなかなか上がってこない。そのうちに、隣とオマツリして、竿をキーパーに掛けたところで、一瞬の突っ込みがありハリス切れ。

「最初の1尾をバラすとあとが続かない」というが、まさにその通りでしばらく沈黙。その後は船中で2尾掛けたがいずれもバラシ。

5㎏級のワラサヒット!

6時すぎ、右舷の吉住さんがこの日初となる5kg級ワラサ。6号ハリスが切られても無理はない良型だ。

吉住さんは同船のマダイダービーで2位に入る実力者で、後半はマダイを6尾上げ実力を発揮。

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】吉住さんの釣果(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

下浦沖でマダイ連発

7時半すぎに下浦沖に移動。水深30m。「ハリス分かプラス1mでマダイ、3~4mでワラサ」というタナ指示。

最初に掛けたのは右舷トモの山本さん。「まだまだ若い者には負けない」とマダイをゲット。

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】山本さんはマダイゲット(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

左舷トモの児玉さんはこの日、飛び入りで参加。ベテラン勢に負けずマダイ3尾を上げた。

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】腕が冴える児玉さん(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

大雨が交じるものの、晴れればカンカン照りという天候下、ミヨシで長竿を振って健闘したのが大谷さん。昨年のダービーチャンピオンだけに本命はもちろん、クロダイやもサバもバリバリと釣り上げる。

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】昨年マダイダービーチャンピオン(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

この日2尾目のマダイを上げた左舷ミヨシの黄木さんに強い引きが到来。「ワラサか大ダイか」と注目されたが、途中無念のバラシ。

剣崎ワラサシーズン開幕 本命5kgとマダイは3kg頭に6尾【瀬戸丸】黄木さんに良型マダイ(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

大船長に「しっかり釣らなきゃ」と、怒られていたが、この日のメンバーは、みんな大船長に怒られながら成長した人ばかり。

「普段はやさしく丁寧に接する大船長に怒られるというのは、認めてくれた証拠だ」と皆、長年の同船に通う。

次のページで最終釣果を発表!