ワインドタチウオ不発もツバス&キスをキャッチ!【貝塚人工島】

ワインドタチウオ不発もツバス&キスをキャッチ!【貝塚人工島】

大阪府の貝塚人工島では、9月に入ってタチウオが釣れ始めている。まだ群れが小さく日ムラがあるが、サイズは大きく90cmクラスの良型がアベレージサイズだ。そこで9月4日に、貝塚人工島のプールに釣行してみた。残念ながら本命のタチウオは空振りに終わったが、メタルバイブでツバス、投げでキスを仕留め、納得の釣行となった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

まずはワインドタチウオから

早朝に人工島の南西角にある駐車場に到着し、プールと呼ばれる足場のいい護岸に行くと、平日だがタチウオ狙いの電気ウキが数多く浮いている。空きスペースに釣り座を取ってタックルをセットし、まずはワインドでタチウオを狙ってみる。

ジグヘッド21gにパワーシャッドのパールホワイト5inchの頭をカットしてからセット。できるだけ遠くに投入し、ボトムを取ってからシャクり始めた。ボトムから表層まで探って投入を繰り返すが、一向にバイトがない。周りのルアーマンにもバイトがなく、エサ釣りの電気ウキも浮いたままだ。

5時前になると夜が明けてきた。穏やかな天気だが、潮の流れは止まっている。しばらくシャクリ続けたがバイトはなく、すっかり夜が明けてしまった。結局、この日の早朝はタチウオの気配がなかった。夕方から夜中にかけてがよかったのかもしれない。

ワインドタチウオ不発もツバス&キスをキャッチ!【貝塚人工島】貝塚人工島プールの釣り場(提供:WEBライター・谷口墨人)

メタルバイブただ巻きでツバス

夜が明けると、周りではサビキ釣りで10cmクラスの小アジが釣れている。その小アジをエサにしたウキを使ってのノマセ釣りで、40cmクラスのハマチが釣れ始めている。そこで今度は、メタルバイブレーションで青物を狙ってみることにする。

26gのイワシカラーのメタルバイブレーションをチョイス。遠くにキャストし、中層から表層をシャクりながら探っていく。ノーアクションのただ巻きでバイトする時もあるので、時折織り混ぜながら投入を続けた。

すると、表層をただ巻きしていた時に、コツコツと前アタリが出た後、ガツーンとバイトした。大きくアワせると、グーンとロッドの先に重量感が乗り、魚は右に左にと走り回る。ツバスサイズでも、青物だけにいい引きだ。引きを味わいながら33cmのツバスをキャッチ。

ワインドタチウオ不発もツバス&キスをキャッチ!【貝塚人工島】メタルバイブにツバス(提供:WEBライター・谷口墨人)

周りでは、ノマセ釣りのウキがスボッと沈み、1回りサイズのいいハマチが釣れている。まだまだ青物が狙えそうだが、キスの釣果も気になるので、投げ釣りに変更した。

最後は投げでキスをゲット

9月に入ってのキス狙いは、数は減ってくるものの、まだまだ狙える。3本バリ仕掛けにエサのイシゴカイの頭をカットしてからハリいっぱいに付け、100m沖に投入。

着底後ゆっくりと引き釣りをしていると、すぐにブルブルとアタリがあり、マッチ箱サイズのチャリコとハゼが釣れてきた。

ワインドタチウオ不発もツバス&キスをキャッチ!【貝塚人工島】こんなチャリコが連発!(提供:WEBライター・谷口墨人)

その後、チャリコとハゼが入れ食いで釣れてきて、外道祭り状態に突入。キスが食い付く前に、エサ取りが掛かってくる。それでも辛抱強く探っていると、80m沖でグッグッとキスの強いアタリがあり、15cmのキスをやっとキャッチした。

まだまだ外道のアタリが多い中、数投後にも同サイズのキスをキャッチ。結局、1時間ほどで3匹のキスをキャッチし、暑くなってきた午前9時に納竿とした。タチウオ狙いはアタリがなかったので、またリベンジするつもりだ。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
貝塚人工島