晩夏の磯フカセでイサギが1投1匹 後半はグレの姿も【和歌山・大引】

晩夏の磯フカセでイサギが1投1匹 後半はグレの姿も【和歌山・大引】

9月1日、久し振りに和歌山県の大引へ、今回はクラブ仲間の妹尾さんと石田さん、そして私の3人での釣行です。当日は狙いのグレこそ終盤少し顔を見せただけでしたが、予想外のイサギの連発にうれしい悲鳴!過酷な夏磯の楽しい部分を満喫する一日となりました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本俊介)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

磯フカセ釣りへ

この日は5時ごろに出船。ほとんどのお客さんがルアー客で、フカセ釣りの人は4、5人程度。まだまだ暑いのでフカセのお客さんは少ないようです。

私たちが利用した上野渡船の磯割はアシカの親周りでしたが、そこにはルアーマンが10人近く降り、水道はウネリのせいで乗れませんでした。幸いアシカの子周りの村井渡船のフカセのお客さんは2人だけだったので、私たち3人も降りることができました。

晩夏の磯フカセでイサギが1投1匹 後半はグレの姿も【和歌山・大引】同行者のサオ出し風景(提供:WEBライター・山本俊介)

当日の潮は中潮で、満潮は大体7時、干潮は13時過ぎ。14時に納竿予定なので、丁度いい感じの潮でした。それぞれが早速タックルの準備をし、私と妹尾さんはフカセ、石田さんはエギでアオリイカ狙いから始めます。

筆者のタックルは、サオがVIP ISO AGS TYPE Ⅰ、リールはトーナメント競技LBD、ミチイトがトリビュート磯1.5号、ウキはD-flatz53 P-01、ハリスがEXハイパー1.5~1.7号、ハリは全層激刺グレ5号、zeekグレ競技フカセ5号としました。

1投目からイサギ

釣りを開始して1時間ほど経ったころ、他のお客さんが水道側の沖でイサギを釣ったので、邪魔にならないように入らせてもらいました。そして、上り潮に乗せて流していくと、1投目からアタリ。25cmほどのイサギでした。

晩夏の磯フカセでイサギが1投1匹 後半はグレの姿も【和歌山・大引】幸先よくイサギがヒット(提供:WEBライター・山本俊介)

続けてやろうと思いましたが、潮の角度がちょっとかわってしまい他のお客さんと絡まったので、私は船着きの方の水島に向かっての釣り座に移動します。これを機に妹尾さんと石田さんもイサギ狙いに変更しました。

一段下に降りれば釣りやすいのですが、潮位が上がってくるとともにうねりも増してたので、上の方から水島の瀬にラインが取られないように釣っていきます。

30cm超イサギが連発!

すると不思議なことにこちら側の方がイサギのサイズがよく、30cmを超えてくるサイズが1投1匹の入れ食い状態。これは一日イサギが釣れるだろう予想。

満潮時間を迎えたので潮が止まると思っていましたが、当日はなぜがずっと上り潮が動いており、10時過ぎまで上っていました。そして、その間ずっと3人ともイサギがアタリ続けました。

あまりにもイサギが釣れるため、活かしバッカンで活かしていても暑さで弱ってしまう魚も出てきます。いっそ干物にしてしまおうと、イサギとアイゴを開いて干し、晩御飯やお酒のアテに丁度いい干物を作ります。

晩夏の磯フカセでイサギが1投1匹 後半はグレの姿も【和歌山・大引】磯の上で干物を作成(提供:WEBライター・山本俊介)

下り潮に変わりグレ登場

潮もやっと緩んで、下り潮が動きだすまで少し時間が空くだろうと思っていましたが、なぜか思っていたよりも早く下り潮にかわり、しかもいつもとは潮の角度が違います。いつもなら真横にアシカの親を向いて流れていく潮が、ヒジキに向いて流れているのです。やりやすいうえ、この潮の時はよく釣れます。

水島には他のお客さんが乗ったので、私は一段下に降りた場所から遠投で狙うことにします。手前でやってた石田さんがイサギは釣れるけどサイズ小さいと言っていたので、これは最初から遠投だなぁと考えてのことです。

すると数投目、ラインの走り方が違うアタリ。40cmアップのイサギかなぁと思っていると、どうも違う感じです。手前までは比較的すぐ寄せられましたが、際にきての突っ込み。これはグレだと思い、慎重にやり取りして取り込んだのは、本日初めてのグレ。しかも30cmくらいの尾長グレでした。

ポンポンッと続けて釣れるので、2人に「グレ動き出したよ」と言ったら、その途端反応がなくなってしまいます。もう少し釣れてくれればいいのになぁと思っていると、昼前くらいからわきグレがあちこちで出現し、まきエサを投げるとバシャバシャします。近くまで寄ってきた時に姿が見えましたが、35cm前後のなかなかのサイズ。

最後にコロダイも

納竿1時間前、ふと船着きでサオを出してた妹尾さんの方を振り向くと、サオがかなり曲がっています。妹尾さんの本命のイシダイかな?と思って、「やっと掛かりましたね」と声をかけて見ていると、どうも違う感じです。何度ものされそうになりながらも浮かせてきた魚影は白い。コロダイかなと話していると、まさに60cm近いコロダイでした。

晩夏の磯フカセでイサギが1投1匹 後半はグレの姿も【和歌山・大引】妹尾さんとコロダイ(提供:WEBライター・山本俊介)

今後、昼前から騒ぎ出したわきグレが磯に付いてくれれば、寒グレシーズン入った時にいい感じになりそうです。

<山本俊介/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
上野渡船