伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュ系エサの宙釣り:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュ系エサの宙釣り:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「マッシュ系エサの宙釣り」。この釣りで多く見られる場面は大型釣り。とくにダム湖などの大型狙いではなくてはならない釣り方だ。なぜ大型にはマッシュなのか。そのへんのところを考えてみよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

マッシュは大型狙いに向いている

マッシュを使った宙釣りは、おもにダム湖などでの大型狙いのケースが多い。つまり逆の見方をするなら、大型を狙うならマッシュが向いているともなる。それはなぜだろう?両ダンゴとかではダメなのだろうか?

伊藤 さとし

「たとえば関東を代表する大型釣り場(宙釣りの)である亀山湖や片倉ダムを例にしてみると、ほとんどの人がマッシュエサを基本にしているよね。それは大型だけを釣りたいからなんだ。小さい(尺半以下)魚は不必要。だからアタリ数は少なくても我慢できる」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュ系エサの宙釣り:第2回】マッシュのハリ付け例(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

マッシュだとアタリが少ないのですか?

伊藤 さとし

「そもそも同じ条件で両ダンゴと比較したことがないから何とも言えないけど、両ダンゴを試したことがある釣り人からは『アタリは増えるけど型は小さくなる』という声が聞こえるよ」

 

集魚性の問題?

伊藤 さとし

「それは確かにある。マッシュに比べたら、明らかに集魚力は高いだろうからね。それとエサ玉のサイズも関係してるんじゃないかなぁ」

 

エサの大きさに合わせハリのサイズを調整

ハリ付けサイズのことですか?

伊藤 さとし

「そう。両湖でマッシュの釣りをする人の多くがハリはサイトを例にするなら15号以上を使う人がほとんどだからね」

 

ちなみに伊藤さんの場合は?

伊藤 さとし

「上下ともサイト18号だね。以前は20号があったんだけど、今はカタログ落ちしてるから」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュ系エサの宙釣り:第2回】セッサ10号とサイト18号(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

両ダンゴだと、それほど大きなハリは使わない?

伊藤 さとし

「うーん…ゴメン。両ダンゴでそんな大きなエサを打った経験がないから何とも言えないなぁ。ただ、もし仮に大きなダンゴを打つのなら、ハリは大きくする必要があるだろうね」

 

それはエサを持たせやすいからですよね?

伊藤 さとし

「ご名答。エサの大きさに見合ったサイズのハリを使う。これは釣りの基本だからね」

 

両湖にはブルーギルがいますよね。大エサを必要とするには、そのへんも関係しているのでしょうか?

伊藤 さとし

「もちろん。小エサ(と言ってもハリで言うなら10号前後)を打ち込むと明らかにブルーギルの反応がいいし、集魚成分の多いエサを打てば打つほどヤツが寄りやすくなるのも事実だからね。あとはエサを小さくすると、ブルーギルがハリ掛かりした時に飲み込まれる確率が高くなるよ。あれを外すのはかなり厄介だからね」

 

エサの種類でアタリにも違いが

つまりジャミがいる釣り場は、亀山湖や片倉ダムに限らずマッシュ系がいいということですか?

伊藤 さとし

「ジャミの種類にもよるけど、大方はそうことになるよね。あとはマッシュの特性がジャミに向いているとも言えるんじゃないかなぁ」

 

そのマッシュの特性とは?

伊藤 さとし

「練り込むと非常に粒子が細かいバラケ方をする。むしろ粒子感ではなく、表面が溶けて煙幕状になるとも言えるかな。だからジャミがエサを突いた時に、表面の剥がれ方に差が出ると思うんだ。実際に水中を見たわけじゃないから何とも言えないけど、それをウキで表現するなら下図のようになることが多いかもね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュ系エサの宙釣り:第2回】アタリ比較の図(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

つまりジャミがアタってもマッシュだとウキに現れにくいということですね?

伊藤 さとし

「そういうこと。両ダンゴだとアタリとして出てしまうから、釣り人はアワせてしまう。でもマッシュならアタリになりづらいから待てる。ここが大きな違いだと思うんだよね」

 

ジャミに突かれた時の耐性が、両ダンゴよりもマッシュのほうが強いわけですね?

伊藤 さとし

「まあ練り方とかタッチにもよると思うけど」

 

次回も「マッシュ系エサの宙釣り」です。

【マッシュ系エサの宙釣り:第1回】から読む

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
レンタルボート笹川
TEL=0439(39)3655
この記事は『週刊へらニュース』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。