デカアユ1本勝負の友釣り釣行記 良型ぞろいのツ抜けを達成【揖保川】

デカアユ1本勝負の友釣り釣行記 良型ぞろいのツ抜けを達成【揖保川】

8月20日(火)に兵庫県・揖保川に「デカアユ1本勝負の釣行」をしてみた。ターゲットエリアは、揖保川本流の荒瀬、急瀬、早瀬の連続する通称「薮下の瀬」。各所で胸のすくようなアタリでデカアユがヒットし、良型ぞろいのツ抜けを達成することができた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森雨魚)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

1投目にいきなり24cm!

当日はやや曇天ながら、水温は24°Cと安定している。左岸上流の釣り人に会釈をして、早速スタートを切る。

20cmほどの1番オトリにハナカンを通し、ちょいオモリを装着して流れになじませてスタンスを上流に取った瞬間、いきなりのヒット!

のっけからのヒットにうれしくなりながらも、背掛かりの確認をして慎重に抜き上げる。タモに「ドン!」と収まったのは、24cmオーバーのグッドサイズ。これで30分は遊べそうだ。

デカアユ1本勝負の友釣り釣行記 良型ぞろいのツ抜けを達成【揖保川】薮下の釣り場風景(提供:WEBライター・森雨魚)

オトリ入れ替えで連発

オモリを外して掛かりアユを放つと、グングンと上って群れアユに同調し、即18cmサイズの若アユが掛かる。10mほど下って次なる瀬を攻略にかかると、予想的中!

ゆっくり引き上げて止めた瞬間「ゴン!ギューン!」という、アタリとともに剛腕ロッドのサオ先がゆっくりとしなり、トルクフルなパワーが手元に伝わった。

デカアユ1本勝負の友釣り釣行記 良型ぞろいのツ抜けを達成【揖保川】良型がヒット!(提供:WEBライター・森雨魚)

この重量感、このスリルがたまらない!サオに抱き着くようにサオをためて、じっくりと掛かりアユを浮かせる。水面を切ったデカアユがタモに「ズシリ!」と飛び込んでくると、思わずため息をついてしまった。しかし、この時期のデカアユ(25㎝超のオスアユ)は、連日の増水のせいもあってやや痩せていた。

2匹のオトリはすっかりギブアップとなったが、ここでは8匹のナイスサイズと18cmサイズ2匹の釣果を得た。 

止まらぬ良型のアタリ

2番オトリにオモリを装着して、さらに下流の荒瀬へと足を運ぶ。ここでもゆっくりと引き上げていくと、目印が上流に一気に走る強烈ななアタリが出る。

これもグッドサイズのようで、なかなかのパワーだ。楽しい!掛かりアユはオトリにはやや大きいが、23cmサイズ。しかし、これでまた少しの時間は余裕を持った釣りができそうだ。

2匹の養殖オトリは、すっかり腹を返して再起不可能になっている。

デカアユ1本勝負の友釣り釣行記 良型ぞろいのツ抜けを達成【揖保川】途中の釣果(定期:WEBライター・森雨魚)

再度、上流の急瀬へと移動し、右岸から攻めてみることに。すると、目印が下流に向けて「スパッ!」と消し込むアタリが続く。「これ!これ!これだ。」アタリがダイレクトに手元に伝わる、何とも言えない爽快感に、「さあ!こい!」とばかりの気合が入る。同時にテンションもマックス状態となる。

9月1日からの大アユ保護区解禁が楽しみ

その後、釣り下って4匹を取り込み、ツ抜けしたところでお昼過ぎに納竿とすることとした。

デカアユ1本勝負の友釣り釣行記 良型ぞろいのツ抜けを達成【揖保川】24cmオーバーの釣果(提供:WEBライター・森雨魚)

アユはカワウに荒瀬、急瀬、早瀬へと追われているようで、水深のある底石の残りアカのあるポイントにはデカアユが確かに居た。

9月1日には大アユ保護区が解禁。さらに体高のあるパワフルなデカアユの引きが楽しめそうだ。今後の揖保川に期待したい。

<森雨魚/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
揖保川漁協