【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来

【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来

盆を過ぎると、猛暑のなかでもわずかながら秋の気配を感じることができる。そろそろ夏休みも終盤にさしかかると、ハゼの季節が到来だ。今回は簡単にハゼの釣り方と、釣った後のお楽しみである料理を紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ハゼの習性

【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来条件さえ間違わなければ釣果は手堅い
(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ファミリーフィッシングの代表的なターゲットであるハゼ。「ダボハゼ」という言葉があるようにエサと見ればすぐに飛びついてくるため、非常にイージーに魚を手にできる反面、条件次第では全く釣果に恵まれないこともある。

東海エリアのハゼは、ゴールデンウイークがすぎるころに、5cmほどの新子が河口域や漁港などに姿を見せ始め、7月に入るとシーズンインする。ただ夏はまだ10cm以下が多いため、釣趣としてはイマイチ。10cmを超える天ぷらサイズが数狙えるのは、お盆をすぎてからになる。

主な釣り場としては、名古屋から近い名古屋港近辺からメジャースポットである木曽川の立田地区、知多半島は半田市にある亀崎港、四日市港近辺など、有名スポットから穴場スポットまで、さまざまなポイントが存在する。

言い換えればどこにでもいる魚だが、前述した通り、条件次第では全く釣れないこともある。その条件とは、やはり潮だろう。

全体的に浅場が多いハゼの釣り場は、潮が引くとハゼが沖の深みに移動してしまうことがある。すると手前をいくら探ってもハゼはお留守、チョイ投げのタックルがなければ手も足も出ないのだ。

さらに台風などが通過し、大雨が降った後もいい条件とはいえない。特に河口域では川は増水すると、釣りにならないことすらある。水潮や濁り自体は決してハゼにとって悪条件ではないが、度が過ぎるとハゼも沖に避難してしまい、手の届く範囲から姿を消してしまうのだ。

タックル

最も手軽な釣り方がチョイ投げだ。足下から沖まで万能に狙える。サオはバスロッドやコンパクトロッドなど、取り回しのいい2m前後のスピニングロッドに小型スピニングリール、ミチイトはPEラインの1号前後に穂先絡みを防ぐために、ショックリーダーとしてナイロンライン4号ぐらいを1mほど電車結びで結んでおく。

【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来仕掛けは短めのものを(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

仕掛けは市販のもので十分だ。選ぶ基準としては、仕掛けの長さとハリの大きさ。サオは短めなので、60cm程度にまとめたコンパクトな仕掛けが使いやすい。ハリは流線やハゼバリなど6~7号ぐらい。

エサ

最もポピュラーなエサがイシゴカイだ。安価で手に入りやすいうえ、ハゼの食いも抜群。アオイソメでも釣れるが、太さも長さもイシゴカイより大きいので、食い込みが悪い。

【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来エサはハリいっぱいに刺し、垂らしは短めに(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

便利グッズ

その他にあると便利なものとして、まず水くみバケツ。魚やエサを触った後に手を洗うほか、釣ったハゼをいったんキープする役目も果たす。そしてメゴチばさみは、釣ったハゼを外すときに便利。手を汚すことなくハリを外せる。

またエサをハリに付けるときに便利なのが、石粉だ。目の細かい粒子で、エサにまぶしてハリに刺すと、全く滑らないので非常にエサ付けがしやすくなる。エサ店で安価で売っているので、見かけたら購入しておこう。

【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来エサの滑り止めに使う便利な石粉(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣り方

ハゼは釣り方も非常にシンプルだ。まず軽くキャストして仕掛けを底まで沈め、底に着いたらリールを巻いてズルズル仕掛けをサビく。このキャスト時、オモリが着水した時点で必ずイトの放出を止め、テンションをかけたまま沈めること。ルアーでいうカーブフォール、テンションフォールというやつだ。

着水してそのままフリーに沈めると、テンビンが先に着底しその上に仕掛けが落ちてくることになる。そうなると手前マツリになってしまう確率が高いので、テンションをかけたまま落とし、着底したらすぐに1mほどオモリを引く。これをするだけで仕掛けを上げたら絡んでいた…ということが激減するはずだ。

【東海エリア2019】陸っぱりハゼ釣り初心者入門 大型シーズン到来サビいてハゼを誘おう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

アタリはPEラインを使っていれば、明確に手元に伝わる。ブルブルッというキスとは違ったソフトなアタリは、初秋の風物詩ともいえるだろう。

アタリがあったら早アワセはせず、ひと呼吸おいてからサオでゆっくり聞いてみよう。ハリに乗っていれば、そのまま一定のスピードで巻き上げてくる。

また根掛かりが多いポイントであれば、むやみに底を引きずるのではなく、仕掛けを動かす際は軽く跳ね上げて動かすようにする。

次のページでハゼの美味しい食べ方を紹介!