波止フカセ釣りで25cmカイズ 珍ゲストにシロギス?【千葉・乙浜港】

波止フカセ釣りで25cmカイズ 珍ゲストにシロギス?【千葉・乙浜港】

台風が通過していった8月17日(土)、南房にクロダイ狙いでフカセ釣行した。25cmクラスのカイズを数枚に、同サイズのヘダイの他珍ゲストも現れ、楽しい釣行となった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

乙浜港でクロダイ狙いフカセ釣り

南西風がやや強く吹く予報なので、風裏がある乙浜港へ向かうことにする。6時ごろ到着すると、濁りがあってクロダイ狙いにはよさそうな条件。仕掛けを準備する。

オキアミ3kgにマルキユーの配合エサ「チヌパワームギスペシャル」1袋と「オカラダンゴ」1袋を混ぜ合わせてコマセを作る。スリムチヌⅡを使用した立ちウキ仕掛けを用意して、付けエには生オキアミを使う。

波止フカセ釣りで25cmカイズ 珍ゲストにシロギス?【千葉・乙浜港】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

意外なゲストはシロギス!

慎重に水深を測って、タナは海底スレスレの水深5m付近で始める。エサ取りは少なく、生オキアミで十分通用する。

波止フカセ釣りで25cmカイズ 珍ゲストにシロギス?【千葉・乙浜港】当日の釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

クロダイが寄ってくることを信じてのんびり構えて待っていると、スポンとウキが入ったので慌ててアワせる。顔を出したのは良型のシロギスで、意外なゲストに驚きながらクーラーにキープ。

カイズがヒット

アタリがないのんびりした時間。風裏なので港内は微風、快晴の日差しが容赦なく照り付けてきて蒸し暑い。ここは釣り場の近くまで車で来られるので、熱中症対策に涼しい車内で休憩するといい。

水分補給をしながら狙っていると、ウキに怪しい反応があり、少しタナを浅くすると明確になる。慌ててアワせると23cmの可愛いカイズ。釣れた魚はライブウエルにキープして次を狙う。このサイズが連発することは多いが、次は続かない。

さらに25cmカイズを追加

夕方が近づくと、またウキに怪しい反応。アクセントをつけるために、どんどんコマセをまいてアタリを待つ。

すると、明確な反応がでたので、アワせるとクンクンと小気味いい引きが伝わる。上がってきたのは25cmほどの銀色に輝く奇麗なカイズ。

小さい魚を傷つけないように、慎重にハリスを切ってライブウエルにキープ。

波止フカセ釣りで25cmカイズ 珍ゲストにシロギス?【千葉・乙浜港】カイズが釣れた(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

乙浜港について

直後に同型のヘダイを追加したところでコマセがなくなり、18時に納竿。

乙浜港の堤防は大きく、家族連れに人気が高い。風が強いときも竿が出せる貴重な場所だが、ゴミや汚れは残さずにマナーを持って楽しみたい。

波止フカセ釣りで25cmカイズ 珍ゲストにシロギス?【千葉・乙浜港】乙浜港ポイント略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

<週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
乙浜港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。