カマス&アマダイのリレー船で6点掛けパーフェクト【千葉県・柾木丸】

カマス&アマダイのリレー船で6点掛けパーフェクト【千葉県・柾木丸】

8月3日(土)、釣り仲間と内房勝山の柾木丸を仕立て、カマス~アマダイ五目のリレー釣りに出かけた。カマスは入れ食いモード突入で、6点掛けのパーフェクト、アマダイは42cm頭に、マハタなどゲストも多彩で満足のいく釣行となった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アマダイ五目へ

6時半ごろ、アタリが遠くなる。全員40尾を超えたので、この釣りを終了。アマダイ五目に切り替えることを船長に告げる。

カマス&アマダイのリレー船で6点掛けパーフェクト【千葉県・柾木丸】タックル図・アマダイ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

浮島東沖水深40~50mのカケアガリで再開。全長3mの仕掛けを使い、五目狙いで底上2mのタナに合わせると、さっそくトラギスとベラの洗礼を受ける。

これは承知のうえで、コマセを使った当地の五目釣りでは仕方ない。投入を繰り返していると、4投目にゴンゴン、ゴンといいアタリがきた。低速で巻き上げると、魚の抵抗で竿先がギュンギュン曲がって楽しい。

カマス&アマダイのリレー船で6点掛けパーフェクト【千葉県・柾木丸】30cmのカサゴゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

ハリスをたぐると、下バリに30cm級のカサゴ。抜き上げてキャッチ。上バリと中バリはエサが半分取られていた。

40cmマハタが登場!

カマス&アマダイのリレー船で6点掛けパーフェクト【千葉県・柾木丸】イトヨリ30cm級がヒット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

このあと、少しずつ筋を変えて流し、25cm級の同じ魚を追加。多田さんは30cm級イトヨリに25cmミノカサゴ、井上さんは40cm級のマハタを取り込む。

カマス&アマダイのリレー船で6点掛けパーフェクト【千葉県・柾木丸】40cmマハタも登場(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木津光永)

本命40cmオーバーアマダイ!

ポツポツとアタリが続くなか、僚船から連絡を受けて浮島西側の水深80~90mへ向かう。井上さんが30cm級アジを上げたが後は続かず、9時に富浦沖水深50~60mへ。

根掛かりが多く、タナを海底から3mにセット。25~27cmオキメバルを連釣したが、タナを上げたことによってサバが掛かる。

3流し目、タナを2mに下げると、グングン、グーンと、見覚えのある引き。電動の低速で巻き上げると、一度収まった抵抗が、残り20m付近から再び暴れだして、本命と確信。

やがて、下バリにアマダイ42cmの姿が見えて、抜き上げキャッチ。リレー釣り本命の両魚をキープでき、満足感たっぷり。

当日は満足のいく釣果に

このあと、小型のキダイを連釣。本命は姿を見せず、11時に浮島南の水深70m前後まで戻る。トラギスとの戦いを続けていると、再びグングン、グーンとアタリ。35cm級を追釣して正午に沖上がり。

釣果は、20~30cmカマス40~42尾、35~42cmアマダイ0~2尾にイトヨリ、カサゴ、マハタ、オキメバルなど多彩なゲストが交じった。

表面水温が上昇、カマス釣りがピークを迎えている。今後の展望としては、8月下旬には大きく成長し、釣趣もおいしさも増大するはず。

<週刊つりニュース関東版 APC・木津光永/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
柾木丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。