投げキス釣りで21㎝頭4尾 ハイシーズンはエサ数種を準備【酒匂海岸】

投げキス釣りで21㎝頭4尾 ハイシーズンはエサ数種を準備【酒匂海岸】

8月4日(日)、シロギスの投げ釣りで、神奈川県小田原市の酒匂海岸に釣行した。エサを使い分け20cmシロギスやゲストにクロサギなど釣果を楽しんだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・町田正己)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

酒匂海岸で投げキス釣り

宮島屋釣具店で、エサの東京スナメとジャリメ、青イソメを購入。砂浜の駐車スペース下から酒匂川寄りに100mほど歩いた所を釣り座に選定。海は静かで期待が持てる。天候は晴れで、中潮。満潮は6時33分だ。

投げキス釣りで21㎝頭4尾 ハイシーズンはエサ数種を準備【酒匂海岸】酒匂海岸の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・町田正己)

先ずは、クロサギヒット

5時ごろから釣り始める。自作の4本バリ仕掛けに1番上から、東京スナメを小さく切って縫い刺し、青イソメの尾をタラシ2cm程度、ジャリメの1尾掛け、1番下に東京スナメを縫い刺しにする。

第一投目は5色へ。50~80cmの幅で竿を動かし、ゆっくり仕掛けを引いてくる。引くたびに仕掛けを止めて、食わせの間をとる。

数よりも良型を釣りたかったので、食わせの間を長くする。重点的に探るのは、抵抗を感じた起伏がある場所だ。

4色までサビいたところで、ガンガンのアタリ。少し待ってから巻き上げると重い。食ってきたのはクロサギだ。

2色半で本命シロギスヒット

その後の数投はアタリがない。「何とかシロギスの顔が見たい」と、エサを最初と同様、ていねいに付け直して、キャストする。

6時15分に5色で、コツンと小さなアタリがでる。少し待ってから巻き上げると、19cmのシロギスが東京スナメを食っていた。

7時20分に2色半までサビいてくると、ブルブルブルンといいアタリがでる。少し待ってから巻き上げると17cmのシロギスが釣れた。これも同じエサを食っている。

さらに20cmの本命追加

8時20分に4色で、ブルブルブルンといいアタリがでる。少し待ってから巻き上げると20cmのシロギスが釣れた。

8時20分に4色半で、ブルブルブルンからツーと魚が走る。巻き上げると重く、21cmの丸々とした魚が釣れた。ジャリメの1尾掛けを食っている。

9時40分に5色で、ガンガンとアタる。少し待ってから巻き上げると、これはクロサギ。暑くなり、良型に満足して10時に納竿。

当日の最終釣果は

当日の釣果は17~21cmが4尾。シロギスは刺し身でクロサギは煮付けにして美味しく食べた。

ハイシーズンなので、数が期待できるだろう。できればエサは数種類用意したい。また、付け方を工夫して、いろいろ試すと面白い。

砂浜では家族連れも楽しめる。釣りに飽きたら砂遊びもいいものだ。暑さ対策が必需。帽子はもちろん飲み物を十分用意するなど対策をして楽しんでほしい。

<週刊つりニュース関東版 APC・町田正己/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
酒匂海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年月8日23号に掲載された記事を再編集したものになります。