夕マヅメ2時間のアジング釣行で23cm頭に本命18尾【福岡県・芦屋港】

夕マヅメ2時間のアジング釣行で23cm頭に本命18尾【福岡県・芦屋港】

ここ最近は、夕方の短時間だけアジングを楽しんでいる。8月5日も午後5時前から奥村さんと、遠賀郡芦屋町の海水浴場沖にある芦屋港から伸びた石波止にアジを狙いに行った。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

芦屋港でアジング

夕マヅメ2時間のアジング釣行で23cm頭に本命18尾【福岡県・芦屋港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修)

この日の芦屋港は北東の風が吹いていて、この場所はちょうど背風になるので絶好のコンディション。早速、準備に取り掛かる。

アジングはどの釣りよりも繊細な釣りなので、慎重にラインをガイドに通したりリーダー&シンカーを結んだりと、丁寧に結束をする。まだ日が高いので、どのワームがベストか2人で探る。

お互いどんなワームを使っているか? シンカーも私はTG月下美人 SWライトジグヘッドSS・1g、奥村さんは同ジグヘッドの1.5gと声を掛け合って、どの重さがいいのか?を試す。ワームの高波動、微波動、サイズなどを10投に1度程度変えながら。

キャスト後、フリーで何秒カウントしてからカーブフォールをかけて、トゥイッチなどステイからの食わせのフォールカウントにも変化を交えながら狙う。

すると、「ツン」や「フゥ」「ザ・ザ・ザ」と、アタリがあり掛けアワせるとヒットするのはアオアジが多い。アジがヒットしても、10cmに満たないサイズだ。

60㎝クラスのダツがヒット

ただ、当日はいつもいる小サバがなぜかいない。「これは期待できるかも」すると、大きな獲物が私のロッドを曲げた。

ラインがエステルラインの0.25号なので、無理をするとすぐにラインが切れてしまう。慎重にドラグを滑らせてゆっくりと寄せてくる。魚が見えた!60cmクラスのダツで、「シンカーだけでも返して」という思いで、値段が高いタングステンシンカーだけでも取り返すつもりで、慎重にやり取りをして取り込みに成功!フックを外して優しくリリース。ただワームはズタズタだった(笑)。

ボトムでアジ連続ヒット

それからすぐに奥村さんにアタリで、22cmクラスのアジを取り込んだ。ここ数回、25cmを超える良型を足元で何度もバラしているので、今回はタモを持参して無事キャッチ。

ボトム付近で微波動のクリアー系・シルバーのラメが入ったワーム3inchでヒットしたようだ。

私も数あるアジングワームから同じようなタイプのワームに変更しようかと思ったが、月下美人アジングビーム(ケイムライワシ)のままやってみる。い

すると、同じようなボトム付近でヒット。それからもヒットが続き、次第にアジのタナも表層近くまで浮いてきて、キャスト後のカウント3からのトゥイッチ&フォールでヒット!

夕マヅメ2時間のアジング釣行で23cm頭に本命18尾【福岡県・芦屋港】小気味よい引きを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修)

当日の釣果

お互い日没近くまで2時間くらいの釣りだったが、21~23cmのアジの引きを楽しみ、計18尾をお持ち帰り。アジの刺し身、漬け丼でおいしくいただいた。

<週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
場所:遠賀郡芦屋港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。