主婦の気まぐれレシピ:釣りエサ代表『オキアミ』のから揚げ!

主婦の気まぐれレシピ:釣りエサ代表『オキアミ』のから揚げ!

釣りエサの代表といえば、「オキアミ」と答える人は多いだろう。釣れる魚種の多彩さや手頃な価格から、多くの釣り人に選ばれている。また魚だけではなくクジラ類にとっても大事な食料。魚もクジラも大好きなオキアミ、これはきっと美味しいに違いない!ということで食べてみた。

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・堀内)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

オキアミとは

そもそもオキアミとは何なのか?

“オキアミ(沖醤蝦、英: krill)は、軟甲綱 真軟甲亜綱 ホンエビ上目 オキアミ目に属する甲殻類の総称。形態はエビに似るが、胸肢の付け根に鰓が露出することなどで区別できる。プランクトン(浮遊生物)である”(「オキアミ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2019年8月29日 (木) 20:17 UTC))

姿はエビそのものなのに、エビではなくプランクトンだというのは驚きだ。エビに似ているけどエビではない。果たして味はエビに似ているのだろうか?

意外と多いオキアミ食レポ

ネットで調べてみると、釣行後にあまったオキアミを食べている人がかなり存在する。また、某釣り餌総合メーカーは、オキアミ類を原料とする食品などの提案を行なっている。

ほかにもオキアミのレシピを公開している釣り餌取り扱い企業も!オキアミは人が食べても問題なさそうだ。

食用のオキアミを探す

エビっぽいのにエビじゃない。しかも食用にできるとは、ますますオキアミに興味が湧いてきた。釣り餌用のものを口にするのは憚られるので食用とされているものを探そう。

まずは近所のスーパーへ行き鮮魚コーナーを見て回る。ブラックタイガー、バナメイエビ…。さすがにオキアミは置いていない。では乾物コーナーはどうか?

主婦の気まぐれレシピ:釣りエサ代表『オキアミ』のから揚げ!アキアミのかき揚げ(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・堀内)

あっ、それっぽいのがあるではないか!パッケージ裏をよく見てみると「アキアミ」とある。アキアミ?オキアミじゃなくて?

調べてみよう!

“アキアミ(秋醤蝦、Acetes japonicus)はサクラエビ科に分類されるエビの一種。日本を含む東南アジアの内湾域に生息する小型のエビで、食用や釣り餌などに利用される。”(「アキアミ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2019年8月29日 (木) 20:20 UTC))

こちらはエビの仲間。オキアミ同様釣り餌にも利用されているが別物だ。

主婦の気まぐれレシピ:釣りエサ代表『オキアミ』のから揚げ!パッケージ裏(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・堀内)

食用のオキアミは売っていないのだろうか?

仕方ない。もう釣り餌でいいや。でもお腹を壊すのはごめんだ。食べても大丈夫そうな商品を探そう。

釣りエサのオキアミは食べられるのか?

釣り餌として売られているものは、魚へのアピール力強化のために着色剤や、防腐剤などが添加されている場合があり、食用には適さないようだ。

だが漁獲時にトロール船内で急速冷凍された無加工のものは、人に有害なものは添加されていない。しかし食用として推奨されているわけではないので、口にするのは完全に自己責任でお願いします。

次のページでオキアミ調理&実食!