探り釣りで31cmアラカブ 場内では97cmヒラマサ【脇田海釣り桟橋】

探り釣りで31cmアラカブ 場内では97cmヒラマサ【脇田海釣り桟橋】

7月13日、北九州師若松の脇田海釣り桟橋に探り釣りでのアラカブ狙いに出掛けました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ提供:APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

「脇田海釣り桟橋」へ

6時に到着。

探り釣りで31cmアラカブ 場内では97cmヒラマサ【脇田海釣り桟橋】(作図:APC・花村悦代)

駐車場料金300円を支払い、桟橋へ向かいます。入場料1000円(子ども半額)を払うと時間制限なしで遊べます。

入ってすぐサビキでエサの小アジや小サバを釣ります、入れ食いですぐにエサはキープできたので、アジをエササイズにカット。

管理棟の周りや柱の周りを歩きながらコツコツと探っていきます。ゆっくりと探っていると、ゴツゴツとアタリがあるのでフッキング。

いい手応えに思わずニッコリ。引きを楽しみながら上げていくと28cmとサイズのいいアラカブでした。

巡視員さんが「根魚の季節になったね」とお話ししてくれました。

場内で97cmヒラマサが!

歩きながら探っていると、泳がせ釣りをしていた常連の高橋さんが「掛かったよー!」とサオを大きく曲げています。寄せてくると大きな魚影に回りにいた人皆で応援します。

巻いて出されてのやり取りをしながら、やっとの思いで上がってきたのはなんと97cmのヒラマサ。聞けば1年ずっと狙っていた念願のヒラマサだったと言うことで、とても喜んでいました。

探り釣りで31cmアラカブ 場内では97cmヒラマサ【脇田海釣り桟橋】念願ヒラマサ(提供:APC・花村悦代)

31cmアラカブとご対面

ゆっくり歩きながらアラカブを探って行くと、コツコツとかわいいアタリ。上げてみると19cm。個人的に20cm以下の根魚はリリースするようにしているので優しく海に帰してあげました。

すぐに仕掛けを入れてまた歩きだします。根魚の反応はとても良く。すぐにアタリがあります。

またもゴツゴツと大きなアタリ。31cmと尺超えのアラカブでした。

最終釣果

「アオリイカがきた!」と近くで聞こえてきます。アジの泳がせでアオリイカ釣りをしている人に「タモお願い」と言われたので、タモ入れのお手伝い。800gほどのメスのアオリイカ。

近くでヒラメも上がったと巡視員さんが教えてくれました。

9時すぎから雨が降りだし、10時に納竿。

持ち帰りは31cmを頭に3尾。リリースが4尾でした。

アオリイカやヒラマサ、ヒラメ、チヌなど様々な魚種を狙える脇田海釣り桟橋に、ぜひ足を運んでみて下さい。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
脇田海釣り桟橋
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。