夜釣りに必須の『ライト』使用のススメ ランタン型とヘッドライト型を解説

夜釣りに必須の『ライト』使用のススメ ランタン型とヘッドライト型を解説

灼熱地獄を避けて、夏は夜釣りが楽しい。特にこれからはアナゴにタチウオ、チヌなど夜釣りで狙いやすいターゲットも増えてくる。そんな夜釣りでは足元の安全対策が重要だ。今回は夜釣りに必携のライト類を使用して、快適に夜釣りを楽しむ方法と、その安全対策について紹介したい。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

センサー付きのライトトレーも

ちなみに筆者が愛用しているアイテムに「センサー機能付・光る作業台 [光るん台] YF-9000」と言うのがある。これはトレーの上に立っているライトにセンサーが付いており、手をかざすとセンサーが反応してトレーを照らすと言う物。トレーにエサ箱を置いておき、エサ交換の時には勝手に光るというスグレモノだ。

夜釣りに必須の『ライト』使用のススメ ランタン型とヘッドライト型を解説手を近づけると点灯する(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

動きがなければ20秒ほどでライトは消えるが、この時にはライト上部が緑色に光って、ライトの位置を教えてくれるから真っ暗な中でも、仕掛けをトレーの上に持っていくだけでエサ交換が楽にできるのがうれしい。

夜釣りに必須の『ライト』使用のススメ ランタン型とヘッドライト型を解説ライトが消えた状態(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

夏の夜釣りは快適で楽しめるが、とにかく安全策を十分に考えて行動してほしい。

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。