【東海エリア2019】真夏にオススメのライトソルトゲーム4選

【東海エリア2019】真夏にオススメのライトソルトゲーム4選

季節は真夏。日中はうだるような暑さだが、実はライトソルトゲームにとって最高のシーズンだ。冬に元気だったカサゴは影を潜めるが、代わってハタ類にアジ、メッキ、カマスなど昼も夜も多くの魚種が狙えるのが夏だ。今回はそんな夏のライトソルトゲームを紹介しよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ライトソルトゲームのターゲット

まず狙える魚種だが、非常に多岐にわたる。まず三重県南部ではハタ類が挙げられる。オオモンハタにアカハタ、マハタ、アオハタなど。大きさは最大でも30cmまでだが、トルクフルな引きはあなどれない。

【東海エリア2019】真夏にオススメのライトソルトゲーム4選近年増えてきたアオハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そして回遊次第ではアジやサバなどのほか、ハマチの幼魚のアブコや、カンパチの幼魚のシオなども狙える。8月も終わりにさしかかると、今度はメッキやカマスの回遊が始まる。特にメッキは年による当たり外れが顕著だが、いい年には紀東一帯で激しいチェイスを目にできる。

日本海に目を向けると、何といっても外せないのがキジハタだ。テキサスリグで狙う人が多いが、小型のメタルジグやダート系ワームを使えば、ライトタックルでも十分狙える。

タックル

全ての魚種を1本のタックルで狙うにはやや無理があるが、それでも手軽さが売りのこの釣り、やはりロッドは1本に絞りたい。そこでお勧めなのがアジングロッドだ。メバリング用よりもバットパワーがあり、感度も高くそこそこの大物にも十分対処できる。長さは7~8ft前後が使いやすい。

合わせるリールはスピニングで、ダイワなら2000番、シマノなら2500番クラス。今は廉価版でも十分なドラグ性能を備えているため、高価なものは必要ない。

ラインはやはりPEラインがお勧めだ。太さは0.4号…と言いたいところだが、ハタ類などを相手にすることを考えると、0.5~0.6号をチョイスしたい。接続するリーダーは根ズレに強いフロロカーボンリーダーの1~2号。根周りを攻めるなら2号は入れておきたい。

【東海エリア2019】真夏にオススメのライトソルトゲーム4選タックル例(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ルアー

ジグヘッドとワームさえあれば何とかある…という冬の釣りとは違い、狙う魚種が多いだけに表層から底、スローに、そしてファストに釣る必要がある。そこで必要なルアーはミノーにメタルジグ、トップウオータープラグ、ジグヘッド+ワームなど。このほかにアイスジグやワインドなどダート系ルアーもあった方がいいだろう。

ミノー、トッププラグは4~6cm、ジグヘッドは0.5~5g、ワームは2~3in前後のピンテール、シャッドテール、カーリーテールのものがあると、ほぼどんな場面でも対応できるはずだ。

次のページで具体的な釣り方を解説!