ヘラブナ釣り初心者入門 放流のある『野釣り場』デビュー(第4回)

ヘラブナ釣り初心者入門 放流のある『野釣り場』デビュー(第4回)

同じヘラブナという魚を狙うにも、多種多様な狙い方があるヘラブナ釣り。狙い方の違いは楽しみ方の違いに直結する。今回は自然の中でゆったりとできる野釣り。その中でも定期的にヘラブナが放流されている、野釣り場での釣りを解説できればと思う。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・土屋直人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

『野釣り』とは

ヘラブナ釣り初心者入門 放流のある『野釣り場』デビュー(第4回)野釣りへ行こう(提供:WEBライター・土屋直人)

ヘラブナ釣りにおいて野釣りとは、池や川、ダムといった場所での釣りを指し、管理池での釣りとはまた違った趣があって人気がある。ただ、「足場が悪く、なかなか釣れない。」というイメージから敬遠される方がいるのも事実だ。

しかし、実際に行ってみれば足場がいい釣り場、釣果的にも安定している釣り場が多くある。特に定期的にヘラブナが放流されている野釣り場は、管理釣り場と野釣りのいいとこどりで楽しめる。

放流のある野釣り場のメリット

定期的にヘラブナが放流されていて、魚影が濃い野釣り場のメリットを紹介しよう。

1.釣果が安定している

漁協や釣具店などで定期的に放流されているため、野釣りのイメージでありがちなボウズになりやすいというリスクが低い。

2.気軽に釣行できる釣り場が多い

定期的に放流されている釣り場は比較的アクセスしやすく、足場がいい釣り場が多い。管理池に釣行する道具にヘラ台を加えるだけのイメージだ。

3.大型のチャンスもある

湖やダムなどの野釣り場は水深があり、ヘラが大型になる要素が多いので、タイミング次第では大型が釣れるチャンスがある。

ヘラブナ釣り初心者入門 放流のある『野釣り場』デビュー(第4回)大型ヘラのチャンスも(提供:WEBライター・土屋直人)

放流のある野釣り場とポイント

関西では「布目ダム」、「津風呂湖」、「白川ダム」、「大杉ダム」が定期的にヘラブナが放流されている釣り場になる。

そして、ある程度水深があり、水通しのいい岬の先端が好ポイントになる。いわゆる回遊する場所がポイントだ。あとは普段からエサ打ちされているポイントも好ポイントだ。

釣り方

定期的に放流されている釣り場では管理池同様にダンゴエサ(麩エサ)に対する反応がよく、管理池に近い釣りの内容になってくる。基本的にはそこまで細かいセッティングをしなくても釣れるイメージ。

ヘラブナ釣り初心者入門 放流のある『野釣り場』デビュー(第4回)気持ちいい引きを楽しもう(提供:WEBライター・土屋直人)

底釣りで釣るにはやはり野釣り場という点でコイやマブナも居て、底も綺麗な状態ではないことが多いので、基本的には乗っ込みの浅場狙い以外は宙釣りになる。

活性を見極めるために両ダンゴの宙釣り(タナ1.5m前後)から入り、キメアタリが出なければ活性が低いと判断し、上バリにバラケエサ、下バリに固形エサを付けたセット釣りに変更する。

関西の釣り場において私は、サオの長さは18尺で入り、活性が高ければ15尺、13尺と短くしていくことが多い。

次のページでワンポイントアドバイスを紹介