夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】

夏の三重・尾鷲湾は多彩な釣果が楽しめ、しかも高級魚揃い!大マダイやサバ、アマダイ、ホウボウ、ハタ類などなど。7月後半、引本浦にあるエヌテックマリンのガイド船にて船長の案内のもと、仲間たち4人でジギング、タイラバ、エサ釣り、スイミングゲームなど多彩な釣りを楽しんできた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のプラン

この時期の尾鷲湾ではジギング、タイラバの他、近年流行のスイミングハタゲームなどでオオモンハタ、アカハタ狙いが楽しめる。また、釣行前には本ガツオが回遊しており、「これはキャスティングのタックルも用意しなければ!」と仲間内で湧き立っていたが、前日には回遊が止んでしまったようで、釣行当日は深場でマダイを中心に狙った後、帰り際にハタゲームといったプランで出船。

エヌテックマリンについて

この日利用したエヌテックマリンは、このエリアで人気の船宿。主にレンタルボートやガイド船などで楽しめ、レンタルボートは25~90馬力艇まで幅広いラインナップで、さらに全艇がGPS魚群探知機を搭載。また、今回利用したガイド船では同店のオーナー・中井氏が尾鷲湾内の好ポイントへ案内してくれる。仕立てと同じシステムなので、仲間たちと気兼ねなく釣りを楽しむことができるぞ。

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】エヌテックマリンのガイド船(撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

巨大エソ登場!

当日は5時集合、5時30分に出船。港にはレンタルボートのお客さんが多数おり、また、キハダマグロの回遊もあったので、キハダ狙いのガイド船がもう一艇用意されていた。この日は台風の影響による風雨が心配されたが、風や波は心配なし。港では雨が降っていたが、沖に出ると止んでいるような状況だった。

港を出船し、約30分で尾鷲湾内から少し出た、水深70mほどポイントに到着。まずはジギングやタイラバでマダイなどを狙う。船はドテラ流しで、4人とも左舷に陣取り、100~120gのジグを投入。底から中層までシャクっていく。すると私にヒット!なんと小サバのダブルだった。

「ベイトはいるから、大物もきっといるはず。」と、皆でジグを動かし続けると、中西さんに強い引きが!グングンとサオをうならせ、上がってきたのは確かに大物。しかし、エソだった。しかも60~70cmはありかなり大きい。

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】船中初の大物はエソ(撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

こっそり胴突きエサ釣りを

ここで私は密かに持ってきたものを使うことに。それは胴突き仕掛けとサバの切り身。皆がジギングをする中で1人だけエサ釣りを開始したが、こんなことができるのもガイド船のいいところ。

タックルはサオ2.4m、リールは3000番、ラインはPE0.8号、仕掛けは胴突き3本バリで、オモリは50号だ。

アマダイにオニカサゴ登場!

すると、着底してブルブルと即いいアタリ。頑張って上げていくと、20cmほどのレンコダイが登場。うれしい初釣果だ。そして、先ほどよりも強いアタリが!水深70m以上をとにかく巻いていくと、上がってきたのは35cm級のオニカサゴだった。

初めてお目にかかる厳めしい魚体に驚きだった。そして次にきたのはアマダイ30cm超と、うれしいお土産続々。船長に聞くと、このポイントは泥底で、アマダイもよく釣れるそうだ。

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】まさかのオニカサゴ!(撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

アジ45cmにアマダイ48cmも

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】胴突きに大アジ(撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

徐々に水深は深くなっていき、80mを超えて90m以上のポイントへ。すると魚探にものすごい魚影が。画面の半分が赤や黄色で埋まっている。

ここでトモにいた長谷川さんにいいアタリ。上がってきたのは40cmほどのホウボウだ。そして、胴突き仕掛けに激しいアタリ。めちゃくちゃに重く、しかも上げてくる途中、何度も突っ込まれる。「これはなんだ?」と、皆に見守られる中、浮かせたのはなんと大アジ。測ってみると45cmもあり、自己最高記録だった。

その次は、また長谷川さんにきた。大物の引きで、釣れたのはアマダイ48cm!これは羨ましい。

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】アマダイ48cm!これはうれしい(撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

タイラバで大マダイにマハタ

そして、一番へ先で釣っていた市岡さんは、普段あまりやらないというタイラバに挑戦していた。そして、ドデカいアタリが!ゴンゴンとたたきまくる引きで「これはマダイだ!」と、固唾を見守る。タモに入ったのは大マダイ。

測ってみると70cmはあり、市岡さんから出てきた感想は「タイラバって釣れるんや!」。さらに市岡さんはタイラバで大きなマハタをゲット。大物2発で大満足の様子。

夏の尾鷲湾沖釣り堪能 釣り方自由でマダイ&マハタ&アマダイ【三重】「タイラバって釣れるんや!」(撮影:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

次のページで最終釣果発表!!