波止からのフカセ釣りでチヌ5匹 ボラ回遊が釣れる前兆?【大阪府・岸和田】

波止からのフカセ釣りでチヌ5匹 ボラ回遊が釣れる前兆?【大阪府・岸和田】

雨天の合間を縫って大阪・岸和田港へチヌのフカセ釣りに出かけた。エサ取りが多い中、コーンのエサでの縦誘いにチヌが好反応。40cm前後のパワフルな夏チヌの引きを楽しんだ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

フカセ釣りでチヌ狙い

7月後半、ずっと雨続きの予報だが、朝に自宅外を見ればしばらくは降りそうにないようなので、近くの大阪・岸和田港の岸和田カンカンベイサイドモール裏の護岸へチヌフカセ釣りに出掛けることにした。

当日の潮周りは大潮で午前7時に満潮を迎える。そこで、7時からの下げ潮狙いでスタート。大阪湾の釣り場は総体的に下げ潮がいい場合が多い。 

当日のタックルとエサ

当日の仕掛けは竿ががま磯エリネス5mの1号に、リールがハイパーフォース2500DXG、道糸1.7号、ハリス1.25号2ヒロを取り、ハリはチヌRの2~3号を使用し、ウキは秀玄自立棒ウキ(5B負荷)で始めた。

波止からのフカセ釣りでチヌ5匹 ボラ回遊が釣れる前兆?【大阪府・岸和田】当日の仕掛け(作図:WEBライター・秦厚治朗)

朝イチの潮位でおそらく水深3ヒロほどだが、とりあえず3ヒロ半から様子をうかがう。

この日のまきエサレシピは生オキアミ3kgに対し、集魚材「俺のチヌ」と「生さなぎ黒鯛」各1袋をよく混ぜ合わせたものを使用。さしエサは生オキアミとコーン、練りエサを持参した。

波止からのフカセ釣りでチヌ5匹 ボラ回遊が釣れる前兆?【大阪府・岸和田】当日使用した集魚材(提供:WEBライター・秦厚治朗)

小サバ&小アジ対策でコーンえさへ

湾内なので表層の滑りや流れも緩く、非常に釣りやすい。釣り開始後、約1時間ほどはアジやサバがエサを取りに来るが、それほどうるさくないので、さしエサをオキアミで続行する。時々、小型キビレやチヌが釣れるので、エサが底まで通ればそのうちヒットするであろうと、気長に仕掛けとまきエサを打ち返す。

しかし、2時間が経過した時間帯からは、だんだんと小サバが猛威をふるいだして、オキアミでは通用しなくなってしまった。

小アジ、小サバのエサ取りがすごいので、さしエサはコーンを基軸に変更し、時々オキアミで様子うかがいする事にした。仕掛けを投入し、なじみ始めてからまきエサをして、少しでもチヌの口元に届くイメージで「海中想像ゲーム」を楽しむ。

ボラ回遊はチヌが釣れる前兆?

暫くして大量のボラが回遊し始めた、ボラを嫌う人は多いが、ボラの下にはチヌが群れている場合が多いので、ボラがスレ掛かりしない限りは気にならない。おそらく海底にはまきエサの含有物に反応してチヌが群れている様を想像すると顔が自然に緩む。

仕掛けを投入して落とし、オモリがなじんだ頃に、まきエサを5シャク打つと、表層にボラが群がる。群がりのバシャバシャが落ち着くと、縦に誘ったり、横に誘うのを組み合わせていく。どうも当日は縦の誘いが有効のようだ。

一発でウキを消し込んだり、前アタリが出てからゆっくり沈んだりと、縦によく反応する。

最終釣果

波止からのフカセ釣りでチヌ5匹 ボラ回遊が釣れる前兆?【大阪府・岸和田】40cm級のチヌが登場(提供:WEBライター・秦厚治朗)

まだ梅雨が明けていないが夏チヌは非常によく引く。40cm前後でもすこぶるパワフルに竿を絞り込んでくれるので楽しい。40cmオーバー4尾、30cmクラス1尾はリリースし、小型はこの時期、塩焼きがすこぶるうまいので持ち帰る。簡単な釣り場の清掃をして正午に納竿した。

<秦厚治朗/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
岸和田港カンカンベイサイドモール裏
所在地:大阪府岸和田市