タイラバ&イカメタルゲーム 70cm大ダイ【マリブエクスプロ―ラー】

タイラバ&イカメタルゲーム 70cm大ダイ【マリブエクスプロ―ラー】

6月中旬、福岡市中央区伊崎漁港からマリブエクスプロ―ラーで玄界灘タイラバ&デイイカメタルに行ってきた。 まだプリスポーニング(産卵中)の個体がいてアフタースポーニング(産卵後)の個体と交じってのマダイゲームになるとのこと。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

開始早々にロクマル登場

午前5時出船。 ポイント到着。 早速、同船者にアオナがきた。 また同じ人にアタリ。 今度はマダイのようだ。 ロクマル(60cm)をキャッチ。 この人だけアタる。 巻きのスピードの違いか?リールはPG、タイラバはグリーン系。

タイラバ&イカメタルゲーム 70cm大ダイ【マリブエクスプロ―ラー】 タイラバタックル図(画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

サイズアップでナナマル!

続いてチームゼロ德重さんにヒット。 重量感のある走り、ラインは130m出しているそうだ。 姿を見せたのはナナマル(70cm)。

私にもアタった。 予備のカウンターなしのオシアコンクエスト200HGが今回の相棒。 久々のカウンターなし、何m出ているかはスプールのラインの残量から大体しか分からない。 およそ150mは出しているだろう。 しっかり食い込ませ、アワセを入れたが痛恨のフックアウト。

フックを新品に替え再度投入。 2回目の着底で、ライン放出量と角度は再現できた。 数投繰り返しすとアタった。 しっかり食い込ませ、アワセを入れたが今度はラインブレイク。 巻き上げるとPEから切れていた。 リーダーとの結束部から切れたかは分からない。

タイラバ&イカメタルゲーム 70cm大ダイ【マリブエクスプロ―ラー】釣行日前日の釣果(画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

ノットを組み直そうと思ったが、この時合いを逃してはと、潮が動かない時用で用意していたスピニングタックルに持ち替えた。 こちらはPE0.8号のため、タイラバのヘッドウエイト150gから120gにチェンジ。 潮上へキャストし軽くサミングしながら着底を待つ。 すぐにアタった。 マダイだ。 ひとつテンヤ並みに鳴るドラグ音に船長から「ドラグゆるゆるじゃないとー」と突っ込まれる。 ゴーマル(50cm)を無事キャッチ。

続いて60cm後半をキャッチ。 続いて良型アオナ。 私が巻くスピニング3000HGの巻く速度が、おそらく朝のPGの人の巻く速度と同じ位になっていたのではと思った。

次のページで移動して、イカメタル