メーカープロスタッフが教えるサーフジギングでの飛距離アップのコツ

メーカープロスタッフが教えるサーフジギングでの飛距離アップのコツ

バリバステスター兼jacsonプロスタッフの『駿河の黒豹』こと井熊亮さんにサーフフィッシングでの飛距離UPのコツを聞く。飛距離が伸びれば、釣果もUP。

(アイキャッチ画像提供:別冊2019 SALT GAME PRESS編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

静岡のサーフについて

「静岡に移ってまだ3~4年。最初の2、3カ月はまったく釣れませんでした。釣り場の地形や、底の状態などの情報を集めることに費やしました。釣り場に通いつめて、地形を把握するためにジグヘッドリグを投げ、底をていねいに引いていたら、ヒラメを釣ることができました」

メーカープロスタッフが教えるサーフジギングでの飛距離アップのコツショアから座布団ヒラメ(提供:別冊2019 SALT GAME PRESS編集部)

地道な情報収集

メーカープロスタッフが教えるサーフジギングでの飛距離アップのコツ情報収集の賜物(提供:別冊2019 SALT GAME PRESS編集部)

「そんな釣りを繰り返しているうちに「こういう波の立ちかたのときはこういう地形」といった、おおまかな情報をつかめるようになってきました。まずは通って、そしてルアーをキャストして釣り場の情報を集めるのが第一歩」

ホームの近況

同氏のホームとなる富士川周辺~御前崎の各サーフの近況は?
「6~7月にかけて、三保海岸などでのワカシやサワラ、タチウオなどがよくなってきました。ナブラやトリヤマなどを狙うことがあるので、飛距離は重要です」

メーカープロスタッフが教えるサーフジギングでの飛距離アップのコツタチウオも狙える(提供:別冊2019 SALT GAME PRESS編集部)

次のページで飛距離アップのアイテムを紹介