堤防ダンゴ釣行 潮変わりで35cmクロダイ登場!【静岡県・沼津】

梅雨入りして、毎日ジメジメした雨。6月12日(水)、は中休みで雨は降らない予報なので、急遽釣行を決め、静岡沼津の西浦に向かう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:田邉昌汰)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日の状況とエサ

6時に出発して、釣り場には、7時半に到着。曇り空で弱い北東の風。

満潮は正午なので、釣り座を確保して、コマセ作りから始める。ウキダンゴX1袋に細引きサナギとチヌパワー、常温保存の効く、アミ姫を少しずつブレンド。

水深は足元が約5mで、釣り座から15m沖まで丹念に測ると、約6m弱の砂泥底。

付けエサは、サナギ、練りエ、コーン、オキアミを用意。まず、オキアミを装餌して、タナは底トントンに合わせる。

釣り座(提供:田邉昌汰)

潮流れで本命クロダイ!

ヒシャクを使ってダンゴを投入。10秒ほどで、ダンゴが着底すると崩壊。数投すると、エサ取りらしきアタリは出始めたが、ハリ掛かりしない。

タナを少しきって、ウキトップが海面スレスレになるよう調整。すると、アタリが鮮明にでて、手のひらサイズのメジナが食ってきた。

本命ヒット(提供:田邉昌汰)

1時間が過ぎたころ、潮が左から右へとゆっくり流れだす。流れるぶん、タナを深く取り、ダンゴを投入。ゆっくり流れた仕掛けが止まったとき、ウキがスパッと勢いよく消し込んだ。

「これはクロダイかも?」と、竿を立てて慎重に寄せてタモ入れ。35cmの本命をキャッチ。

最後に30cmメジナをキャッチ

次を狙って、手返しよく打っていくが、あとが続かない。

やがて、青空が広がり、風は西風に変わり海は底が見えるほど澄んでしまった。

午後になって、30cmのメジナがヒットしたものの、このあと時間だけ過ぎていき、17時に納竿。前回と違って小さいサバは少なくなったが、エサ取りは多い。

釣り場を洗い流して帰路に就いた。

これからの時期、エサ取りをかわしながらの釣りになるので、ダンゴ釣りが有効だと思う。

<週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース版』2019年6月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。