ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】

ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】

6月25日夕方、釣友にボートメバリングに誘ってもらった。狙いは神戸港沖エリア、この時期のメバルはコンディションがよく、とてもパワフル。機動力に優れたボートで各ポイントを回り、狙い撃ちしたい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

tsurinews編集部関西

tsurinews編集部関西の担当記事を読む
×閉じる

ソルトルアー オフショア

当日の状況

この日の潮回りは小潮で、18時20分に干潮を迎える。上げの潮に合わせて出船するが、沖の状況を確認すると南西の風が強く、風波からのウネリが入っているため、ライトリグで狙えるエリアがかなり限られてしまう現状だった。

ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】当日のタックル(作図:TSURINEWS関西編集部)

ガシラ、アコウ、アブラメ(アイナメ)などの根魚をまずは狙うが、風と波で船のコントロールがむずかしく、ショートバイト数回という結果に終わった。

友人が数日前に尺越えのアブラメをゲットしたと聞いていたので、とても残念。

メバリングでヒット連発も小型・・

ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】夕暮れの神戸沖へ(提供:WEBライター・辻原伸弥)

気を取り直し、日が暮れたタイミングでメバルポイントへ。0.75gのタングステンジグヘッドに、月下美人ビームスティックゼロをセットし、着水から少し沈めてリトリーブしていく。

実は、前週もボートメバリングに同行させていただいた。その時は、23~27cmクラスの良型アジが面白いようにガンガンワームにアタックしてきたのだが、今回はアジの回遊のタイミングに出あえなかった。その分メバルの活性は高く、表層部をリトリーブさせるとジグヘッドをひったくるような明確なアタリが連発する。

ただし、ヒットするメバルのアベレージは20cm前後と、ボートメバリングでは小型。友人によると「数はかなり釣れてはいるのだが、日に日にメバルのサイズが小型化している…」そうだ。

ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】ジグ単にヒットしたメバル(提供:WEBライター・辻原伸弥)

プラグに変更で良型26cm!

時期的なものなのか?それともワームでは良型が難しいのか?そう考え、タックルボックスからプラグを取り出しルアーチェンジ。プラグは、辻原プロデュースの月下美人「澪示威SOLD40S」。

キャストしたら15カウントほど沈め、ゆっくりとリトリーブする。するとすぐに答えは出た!巻き始めたプラグに襲い掛かる水中の魚の模様がイメージできるような激しいバイトで、ロッドティップを強引に引き込んで行く。先ほどまでのメバルとは全く引きが違い、とてもパワフルだった。

丸々とした肉厚の26cmの魚体は、数字以上の迫力がある。

ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】プラグにヒットした良型(提供:WEBライター・辻原伸弥)

やはり、このパターンか?ボートを流しながら次々とキャストしていくと、ヒット!ヒット!またヒット!!メバルのサイズも、アベレージが25cmとアップ。

ロッドを曲げて激しく抵抗するメバルは、フッキング直後から一気に潜りなかなか浮いてこない。リールのドラグ音も激しく響き、ヒットする度にテンションが急上昇する。

初心者にもオススメのプラッギング

そんななか、鋭くフッキングすると同時にロッドが一気に弧を描き、ドラグ音を響かせて一気に潜っていく魚がヒット!

ロッド全体でテンションを受けるように構えて耐えるが、全く抵抗できない。フッキングした場所が悪かったのか?痛恨のラインブレイクとなった。引きは大型のシーバスぽい?それとも大型のチヌか??悔しいが、尺メバルでないことだけを懸命に祈る自分がそこに居た(笑)。

「プラグはロストが怖いし、使い方が難しそう!」「ワームの方が釣れるでしょ?」メバルは相当釣っているが、メバル歴も浅く普段はワームしか使わないという釣友君に試しに使ってもらうと、ヒットするメバルのサイズが一気にかわった。

「ワームより使い方簡単ですね!」と初めてのプラッギングゲームで、そのの魅力に開眼したようだった。

ボートメバリングで良型連発 型狙いならプラッギングで決まり【神戸港】当日使用したジグヘッドとワーム、そしてプラグ(提供:WEBライター・辻原伸弥)

この日の、パターンは見えた!ジグヘッド&ワームで活性をチェックし、プラグをデッドスロートレースしていく!すると、ほぼ全域のエリアで25~28cmクラスの良型メバルが激しくプラグに襲い掛かってきた。これは何度体感しても飽きず、堪らなく楽しかった。

今後の見通し

近畿エリアも遂に梅雨入りが宣言された。

ホームグラウンドとする神戸~明石、淡路島エリアでは、この時期釣れるメバルを「梅雨メバル」と呼び、ちょうどメバルシーズンの終わりを告げるタイミングでもある。活発にエサを捕食し、体高があって肉厚、そして筋肉質な魚体はとてもパワフルで、フッキングしてからのライトタックルでのやり取りは本当に楽しい。

一度体感すると誰もが癖になるだろう。ぜひ、このチャンスにプラッギングメバルでパワフルな良型メバルの引きを体感されてはいかがだろうか?

<辻原伸弥/TSURINEWS・WEBライター>